« BKT OR KBT | トップページ | 再会の確率も継続が原則 »

2015年3月28日 (土)

頭を捻る駅名シリーズPedati

00wiyonowiyoto_mar_14_10


よく通る道のバス乗り場でHalte Pedatiと表記されているのがあり何だろうと思っていたのであるが、googleのイ英辞書で引くとCartとありインドネシア語では同意語がgerobak、 dokar、bendi、 sekoci、 lembing ikan、tombak ikanと沢山出てきたがどれも始めての言葉だらけでピントは来ない。他の説明文はgerobak yg dihela kuda, lembu, atau kerbau: di desa-desa masih banyak dipakaiで馬、牛、水牛に引かせる車で今でも村々では使われるとある。昔、主に荷物の運搬用に一般的には2輪で牛に引かせたのがあった。シンガポールの中華街の牛車水は牛に引かせて水を売っていたことから来ているが、それであろう。馬が引く方はDelmanとか人間用の馬車で同意語に出てこないことから見てもPedatiは荷物運搬用である。従いこのHalte(バスストップ)はPedatiのHalteではない。それにしてもなぜここだけそのような一般名詞が駅名になったのかの謂われは分からなかった。この通りはパンジャイタン通りでKampung Melayu通りが出てくるところでバス停もトランスバスウエーの駅も高速のゲートも皆名前はPedati (Prumpung Pedati)である。近くに聞きなれない大学MPU Tantularがあるのでこれもいずれ調べないと。。。

|

« BKT OR KBT | トップページ | 再会の確率も継続が原則 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BKT OR KBT | トップページ | 再会の確率も継続が原則 »