« インドマルコ社 18周年記念出版割引 | トップページ | 親族、血族、婚族、同族の英イ語 »

2015年3月13日 (金)

火事場めぐり

00thamrin_09mar15_10_2


夕方時間を見つけ先日来の火事場を見に行っって見たが、ひとつはタムリン通りのKosgoroであるがビルの16階から上が黒焦げになり、死んだように建っていた。タバコの火之後始末が悪かった上にスプリンクラーも機能しなかったとの報道だけでGolkarの内紛などと引っ掛けた報道にはお目に掛からなかった。左隣はシナールマス、右はバンクブコピンである。00toko_tiga_tambora_09mar15_34


その後コタに入りピントゥクチールから金徳院を狙ったがあるかないといけないので、運河の向こう側のタンボーラカラ回り込み右折左折しながらやっと金徳院の前に来たが この入り口から覗くと手前の方は健在である。多分本堂のろうそくでもうもうたる祈祷所当たりが燃えたのであろう。 本堂の建て替えは必要だが又建築許可で揉めるのであろうか。
00toko_tiga_tambora_09mar15_38


その裏手当たりに中国建物のキリスト教会(ファティマ教会)や00toko_tiga_tambora_09mar15_42


中国人の高等学園 RICCI学園も何ら被害にはあってなかったので胸を下ろしたのであるが、本当に此処だったのかと疑問が湧く。こんな消防車も入りないごみごみした所でよく鎮火したものだ。この3つのHertageはそれぞれ過去にブログにしたが、今の状況を早くお知らせするために又ブログにした。

|

« インドマルコ社 18周年記念出版割引 | トップページ | 親族、血族、婚族、同族の英イ語 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドマルコ社 18周年記念出版割引 | トップページ | 親族、血族、婚族、同族の英イ語 »