« 興安丸とガルーダ商人 | トップページ | これが「国内取引の外貨使用禁止 »

2015年4月26日 (日)

トランス6星ホテル

Topimg_1


バンドンノアジア・アフリカ会議の最後の催し物は50年前と同じサボイホマンホテルからむむデカ会館まで記念行進しムルデカ会館で宣言文などの署名を行ったが、習主席はちゃんと顔を出していたが安倍さんはやはり日本に帰国してしまって居た。バンドンではその他カーニバルやサイドエベントとしてCity Summitが行われたようだが前回のスケジュールは事前の報道が大分いい加減であったようだが、一つ信じるとCity Summitが行われた場所はザ トランス ラグジュアリー ホテル バンドン である。 

余り聞かない名前だなと思ったがふと思いついたのはこのトランスと言う言葉で、それはインドネシアの新進実業家富豪が作ったテーマパーク トランス・スタディオである。場所はスディルマン通りから、サボイ・ホテルのあるアジアアフリカ通りに直進しそしてその先の一直線のGatot Subrot通り No.289にある。此処にTrans Studio Mallがありこのラクジュアリーホテルがある10haの広大なコンプレックスなのである。282室ありインドネシアで最初の6星ホテルである。ここは2012年開場でPara Group(PT Para Inti Holtindo)の総帥Chairul Tanjungが所有している。彼はユドヨノ大統領の後期の内閣改造でジョコウイまでの短期間ではあるが経済統括大臣までなっている。
今自分の名前を取ってCT グループと称するがインドネシア富豪40人の中の18位でRp2.8 兆ルピアの資産を保有(2010?)している。このグループのメインの分野は金融部門で持ち株会社Mega Global Finance (MGF).の下でBank Mega、Bank Syariah Mega Indonesia、Mega Insurance、Mega Life、PARA Financing、Mega Capital Indonesiaがある。第2の分野はメデイア分野でグループ会社Trans CorpraはTrans TVと言うテレビ会社を持っている。 又Kompasグループのテレビ局TV7 (PT Duta Visual Nusantara Tivi Tujuh)の55%を買収している。投資額1兆ルピアでアセアン最大の観光施設トランス・スタジオ・リゾート・マカッサルも建設中のはずである。
Slide2


6星ホテルとはどのようなものかサイトの写真を借用したので推定できようが 150万ルピア台でも宿泊できるようだから試して見るのも良かろう。

|

« 興安丸とガルーダ商人 | トップページ | これが「国内取引の外貨使用禁止 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 興安丸とガルーダ商人 | トップページ | これが「国内取引の外貨使用禁止 »