« 二つのFraser Hotel  | トップページ | 変わりゆく歌舞伎町の賑い »

2015年4月13日 (月)

日本歌舞伎の集大成

00_9


ANAの行き帰りで機内ビデオ映画で「我が心の歌舞伎座」というのを鑑賞した。1月と3月の2回で1.8回くらいだったとおもうが、これが先日の歌舞伎観劇につながったのであろう。この時市川團十郎の弁慶役の出し物で白血病を押しての熱演で閉幕後、自室に戻るまでの10分もの間の壮絶な病気との戦いを見たからである。この映画は旧歌舞伎座の取り壊しに際しその間の思い出などを偲ぶ現代の歌舞伎役者13人が心に残った名演技や心の内の歌舞伎への愛を明かしたもので2010年にクランクインして2013年に完成したのか、それは第4代の歌舞伎座を取り壊し新歌舞伎座が完成するのと機を一にするが、その間にこの映画に出演した歌舞伎役者が5人も物故しているのだ。
その13人の方の屋号を含めてリストをしてみると、
七代目中村芝翫・・・・・・・・成駒屋(2011年没)
二代目中村吉右衛門・・・・播磨屋
十二代目市川團十郎・・・・成田屋(・海老蔵、2013年没)
坂東玉三郎・・・・・・・・・・・・大和屋(同じ屋号の坂東三津五郎は2015年没)
五代目中村富十郎・・・・・・天王寺屋(2011年没)
十八代目中村勘三郎・・・・中村屋(・勘九郎・七之助、2012年没)
三代目市川猿之助・・・・・・澤潟屋(2代市川猿翁で子供が中車:香川立花屋/浜)
四代目 中村 雀右衛門・・・京屋
九代目松本幸四郎・・・・・・高麗屋(・市川染五郎 松たか子)
中村梅玉・・・・・・・・・・・・・・高砂屋
十五代目片岡仁左衛門・・松島屋(・愛之助)
四代目坂田藤十郎・・・・・・山城屋(・鴈治郎/扇雀・・千景、玉緒)
七代目尾上菊五郎・・・・・・音羽屋(・菊之助・寺島しのぶ/富司純子)

5人もの大役者が亡くなられて歌舞伎界は大変なことであるが、その息子さんやお弟子さんが育っておりまた先日のブログの通り4代目中村鴈治郎が襲名デビュウし或いは獅堂や梅雀もいる。
4代目中村鴈治郎・・・・・・成駒屋(・・市太郎)
2代目中村獅童・・・・・・・・萬屋(叔父が萬屋錦之介)
2代目中村梅雀 ・・・・・・・成駒(映画俳優の方が多い)
00_20


歌舞伎座は1889年に建てられたので120年の歴史があり、松竹と同じである。
第2期は1911年ながら焼失、第3期は建設中に関東大震災にあったため1924年に完成したが、戦争で焼失、第4期が1951年でこれが60年の歴史を持ち主演した役者の思い出の場所になっていたものである。

|

« 二つのFraser Hotel  | トップページ | 変わりゆく歌舞伎町の賑い »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二つのFraser Hotel  | トップページ | 変わりゆく歌舞伎町の賑い »