« 日本歌舞伎の集大成 | トップページ | 3月の投資環境トピックス:期待したい経済復帰 »

2015年4月14日 (火)

変わりゆく歌舞伎町の賑い

00_080


歌舞伎座に行ったのを契機に人生70年で初めての歌舞伎町に行ってみた。歌舞伎町は戦後此処に歌舞伎座を建設する計画がありそれが町名の由来になったが計画は挫折し代わりにコマ劇場ができていたのだが、隆盛の60年の後この辺りにあったミラノ座等とともに姿を消し、00_085


今又TOHO シネマズ新宿としてオープン(4/17オープン)する。8階建ての低層ビルの屋上には巨大ゴジラを設置、高層ビルの方はホテル(Gracery)が入居する複合ビルのようだ。キャッチが煩わしいので未だ明るいうちに訪れたのであるが、すでにキャッチ注意放送が通りに流されていた。その足元に近い磯丸水産という海鮮居酒屋で浜焼きに舌鼓、終わって斜め前のカラオケ館、締めに又斜め前の「天下一品」こってりラーメン、00_095tr


もう日は落ちたが通りは黒山の人だらけである。カラオケと言えば眉をしかめる人もいるが、1時間息をも付かぬ鳳声に健康を取り戻す。部屋に入れば直ぐにクラブを超える照明、マイクを取ればすでに充電満タンと設備は完璧、ムダもない。居酒屋もここも若い男女が気軽に入っている。通りはここも若い人、或いは観光の外人が多く呑んだくれのサラーリーマンのイメージはない。何もかもスムーズに運ぶ日本の良さを感じたが、若い女性の店員がイメージ向上に尽くしていると思う。これが一番。

|

« 日本歌舞伎の集大成 | トップページ | 3月の投資環境トピックス:期待したい経済復帰 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本歌舞伎の集大成 | トップページ | 3月の投資環境トピックス:期待したい経済復帰 »