« 年金保障政令は今秒読み | トップページ | 今度は使えるかもしれない 投資アローワンス »

2015年5月24日 (日)

ガルーダ1敗、アナ1勝

1年ぶりに切り替えたガルーダは機内入国審査もなくなり、メリットはない。強いて言えばゴールドカードで堂々とラウンジが利用できると思って居た矢先、ガルーダから何か送ってきたものがあった。プラチナカードかなと思って現地で問合わせしたら1年とかガルーダ利用がなかったことを理由にシルバーカードに格下げになったとのことで発する言葉も見つからなかった。 それまでこのガルーダのゴールドでANAを使ってもこの1年の6回一応ANAのラウンジが使えてきたがガルーダでも、もう使えなくなるのだろうか。 試しにガルーダのラウンジに行ってみてカードを提示したら難なく受付登録して入ることが出来た。 こちらのラウンジはシュウマイ・春巻き程度で圧倒的にANAのほうが良い。機内食そのものもそれを出す人も新鮮さがANAの方に軍配が上がる。 
ところで、機内食の出し方に付いていいアイデアがある。カートにずっしり積んで遠くの一番前まで運んで前の方から出すより後ろから出すほうが楽だと思うが、そのほうが一番最後に供される前の方の人たちには今提供中であることがわからず待たされるイライラはないし、後ろの方は早く食事が済めば通路を邪魔するカートを気にせず後ろの手洗いに行ける。
この飛行機への搭乗は案内によると By Boarding Busとか書かれていた。嫌だなと思って待合ルームで搭乗時間を待っていた時 時間を15分も過ぎても搭乗案内がなく、このE6ゲートは機体との間にあとひとつ待合スペースがありそこからなぜか湧き出る人たちが案内され下に降りて行く。その数50人以上か、乗り継ぐ客だろうと観念したが、なんとか案内で搭乗開始となった時、このブリッジは直角に曲がったり相当長かかったりしたがバスではなかったのだ。あの人達がどこに消えたのかも含め狐につまれた感じがした。そして圧巻は最後の羽田がブリッジでなくバスであったことだ。

|

« 年金保障政令は今秒読み | トップページ | 今度は使えるかもしれない 投資アローワンス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金保障政令は今秒読み | トップページ | 今度は使えるかもしれない 投資アローワンス »