« 4月の投資環境トピックス(1) | トップページ | 暴虐の5月 »

2015年5月13日 (水)

4月の投資環境トピックス(2)インフラ整備事業旺盛

4/4  チカンペック~パリマナン高速道路(116.75km)5月にも開通?料金はRp87,000
4/20 首都空港鉄道建設(全長36.3km16年開通)で国営3行とBCA銀が協調融資へ
4/30 中~東ジャワのソロクルトソノ間高速道路に銀行融資7兆ルピア模索
4/30 スマトラ縦断道起工式。
日本企業関係は
4/8  アサヒ・インドフード、4億ドル超投資計画、ペプシとクラブ既に買収
4/16  兼松とチモリーの工場、チカンデ団地内に完成、投資6億円、ソーセージや餃子
4/23 日通3社目の現法NEXロジスティクス、GIIC工業団地に自社倉庫かまえる計画。
4/27 双実系オートランス・インドネシア設立、自動車部品の輸出入、検品、簡易組立

おまけ
4/23 特定産業・地域への投資に対する税便宜、投資下限を撤廃、欠損金繰り延べ拡大

|

« 4月の投資環境トピックス(1) | トップページ | 暴虐の5月 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月の投資環境トピックス(1) | トップページ | 暴虐の5月 »