« ガルーダの豹変 | トップページ | 4月の投資環境トピックス(1) »

2015年5月11日 (月)

Kemenkumhamのロゴ

00kanwil_kumham


BKPM Tebetで記憶が消えていたのはあのMT HaryonoにBKPMのロゴを付けたビルがあり、これに付いてはブログをしたこともないので、此処がきっとトランス・バスのBKPM Tebetだと思ったせいである。しかしここはもうチャワンに近くTebetからは離れ過ぎである。ここの住所はMT Haryono No.24でBPMPはNo.45 であった。
Logo_kemenkumham


共通のロゴでもあるのかとか相当調べたがよくよく見ると少し違う。
ビルにはKanwil Kemenkumham DKI と書かれているがこれ全て省略形である。
日本語では 首都特別州法務人権省地方事務所であるが、インドネシア語のフルに書いてみるとKantor wilayah Kementerian Hukum dan Hak Asasi Manusia Daerah Khusus Ibukotaと長く、この省略の中にインドネシア人の優れた省略技が入って感心する。 
Logolamabarubkpm


二つのロゴの違いはご覧の通りで歴然である。BKPMは2009年から改訂し法務省は2011年に改定した模様である。BKPMはこのロゴを賞金30百万を付けて一般公募したらしいので法務省もそうかもしれない。イメージは似ているとしておこう。
ロゴの上部に何か書かれているがPengayomanで支援とかいう意味のジャワ語系の言葉のようだ。変な国だ。

|

« ガルーダの豹変 | トップページ | 4月の投資環境トピックス(1) »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガルーダの豹変 | トップページ | 4月の投資環境トピックス(1) »