« 赤新月にこだわらない 偉さ | トップページ | 年金保障政令は今秒読み »

2015年5月22日 (金)

赤十字 ジャカルタの支部

昨日のブログのガトット・スブロトのインドネシア赤十字総本部の建物は初めて認識したが、赤十字の支部は全国各州にあり、と言うよりその下の県市あるいは郡都にもある。州レベルで33支部、県市レベルで371支部、その下の郡都レベルで2654支部あるという。
00dsc_0209


確かに小生のアルバムを今日見ていたらジャカルタ特別州のPMIとジャカルタ東区の支部をいつのまにか写真に収めていたのを発見した。
ジャカルタ特別州の本部はクラマットラヤ通りにあり、本当のことをいうとBala Keselamatanと言う建物(救世軍)と混同していたものである。
00274


東ジャカルタ区の支部は先日Gusti Ngurah Rai通りで偶然写真に入っていたものである。また歴史に戻ると創設者アンリ・デユナンの誕生日1828年5月8日が世界赤十字デーとなっており、彼が最初に創設したのは1862年ことである。その頃インドネシアのオランダ植民地でも1873年に設立されている。但しインドネシアの共和国としては1945年9月5日である。
日本は佐野常民により 1877年5月に設立故オランダより4年ほどの差である。昔の家の標識にはでかでかと赤十字の会員証が飾られていたが、今は小生に取って大災害時の寄付をやるかどうかの時に出てくるだけの名前になってしまっている。赤十字は戦争や天災時における傷病者救護活動を中心とした人道支援団体で、寄付とボランティアに寄り成り立っているのに。

|

« 赤新月にこだわらない 偉さ | トップページ | 年金保障政令は今秒読み »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤新月にこだわらない 偉さ | トップページ | 年金保障政令は今秒読み »