« 暴虐の5月 | トップページ | 民族覚醒の日Hari Kebankitan Nasional  »

2015年5月18日 (月)

グス・ドゥルの銅像

00p2060212


何であったかグスドゥルの銅像が立った話を耳に挟んで、そこは昔オバマ大統領の幼少時代に住んでいた地域で訪ねたことのある地域なので行ってみた。マトラマン通りを左に見ながらメンテンに進むと綺麗なマトラマン・モスクがあるところで、地区の真ん中にっ小さな公園 Taman Amir Hamzahがありその公園の中にあった。
00dsc_000001_30


銅像はGus Dur Kecilと名前が付けられた通り オバマ少年像の伝を言うものでGus Dur:第4代大統領通称の少年像で、ついこの間4月25日にアホ(ック)DKI知事が式典で披露した。
00dsc_000001_31


銅像下には“Dengan Rahmat Tuhan Yang Maha Esa, Patung Gus Dur Kecil diresmikan oleh Gubernr Propinsi DKI 25.4,2015 Basuki Tjaha Purnamaとのみ彫られている。
この公園の横にグスドゥルの祖父Hasyim Asyariの家があり少年時代此処でボール遊びをしていたというからこの辺りで育ったのであろうか。その家は現在はワヒッド・インスティチュートの建物になっており、ここで娘のYennyがヤヤサン活動をしており、そのヤヤサンがこの銅像の建立の肝いりをしたのであろう。祖父は1926年ナフダトゥール・ウラマNUを創設したものでグスドゥルはそれを土台とした政党国民覚醒党から大統領になったものだが父もNUの大物で最初の宗教大臣にワヒッド・ハシムである。

|

« 暴虐の5月 | トップページ | 民族覚醒の日Hari Kebankitan Nasional  »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暴虐の5月 | トップページ | 民族覚醒の日Hari Kebankitan Nasional  »