« ようこそ飛騨へ ようこそAndian | トップページ | Kemenkumhamのロゴ »

2015年5月 8日 (金)

ガルーダの豹変

00dsc_000003_2


久しぶりガルーダで飛んでみた。 ガルーダがSky TeamとかAllianceにはいってからチケット代が従来の2倍になった為ANAに鞍替えしたのであるが2割程度なら普通は受け入れるのであるが、ANAが良すぎたのである。今回は2週間程なので安いかもしれないとガルーダを検索してみた。以外や2週間なら7万円、少し伸ばして両端入れても同じ値段であった。時間も成田時代と同じ時間帯でこれだと小躍りしたのであるが念の為機内入国審査はやっているかと聞いた所、もうやってないとの事、これが小生に取ってガル-ダの切り札であったので即座に注文をやめた。ANAのサイトを見るとガルーダより未だ安い。ちょっと迷ったがガルーダはゴールドメンバーなので堂々と行けると思って久しぶりということもあり結局ガルーダにした。機内通関も前の社長の放漫と言うのか中韓のやっかみなのだろうか。ガルーダは2014年の決算は売上高で堂々第9位であるが損益はというと2013年からか赤字に落ち込み2014年は4兆ともなる。
ゴールデンウイーク開けであるからか座席は真ん中4席を独占、(独占といってもシートも倒さず一つだけ使っただけであるが) チェックイン時一時は25番目になっていたのであるが
そこだけは満席であった。多分小生が取らなかったからであろうが。。ジャカルタに近づいて来たが一向にその動きはない。スチュワーデスに問いただすと5時40分がと言う。小生のEチケットには5時05分と書いてあるので遅れているのだなと言っても通じない。その内機は下降を始めたのであるが飲み物のカスを取りに来て少し動きが出て、案内を始めたのはもう8分前であった。例の入国審査はVOAの標識が大きく書かれている審査ゲートにはお金を持って並んでいる人もあり、又システムが変わったのかと胸騒ぎしたが前の数人が突然VOAの方に回ったので一挙に前に進むことが出来た。これだけが今日の良い出来事である。
極め付きは小生の運ちゃんにGate Dだと通知するも2-Dで待っていると言うだけで5回ほど電話して怒鳴りつけてやっと来た時はすでに7時であった。次回はやっぱりANAにしよう。

|

« ようこそ飛騨へ ようこそAndian | トップページ | Kemenkumhamのロゴ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようこそ飛騨へ ようこそAndian | トップページ | Kemenkumhamのロゴ »