« バサハ ガウルの基礎 | トップページ | オランダの三大航海誌と日本人 »

2015年6月11日 (木)

パソパティ 3題ばなし

何か聞いたことのある言葉に出会った。小生のどこにこの言葉があったのか思い出せないので全くのすれ違いで出会った新語である。Pasopatiと言う。ネットで最初に出てきた言葉はバンドンのJembatan  Layang Pasopatiである。
00bandung_aug08_149


写真を見ると小生も通った記憶が出てきた。アルバムを見ると遠景ながらあるにはあった。バンドンの北部とCikapundung を通って東部を結ぶ全長2,800mの吊橋である。ITBから降りてきたところだった記憶があると言うだけである。
Pasopati_surabaya


次に出てきたのはスラバヤのPasopatiでこれはインドネシア軍がソ連から購入した潜水艦の名前で今は退役しPlaza Shopping Centerの横の博物館になっている。博物館の名前はMonumen Kapal Selam PasopatiでMonkaselと略称されている。 そういえばPasopati自身も省略形でPaduan Solusi Pelayanan Teknologi Informasi. 情報技術サービスのソリューションの塊となる。この潜水艦は1952年建造で、全長76.6メートル、幅6.3メートル、スカルノがイリアン奪還のトリコラ指令を発し(1961年11月、マンデラ作戦発動中の1962年購入であった。モニュメントになるくらいだから何か輝かしい戦績があるはずだが小生は未だキャッチできてない。
上の名前は何故かおかしいなと思いつつ最後に思い出したのはラーマーヤナに出てくるアルジュナの兵器の名前であったがこの話は長くなるのでまたとしよう。

|

« バサハ ガウルの基礎 | トップページ | オランダの三大航海誌と日本人 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バサハ ガウルの基礎 | トップページ | オランダの三大航海誌と日本人 »