« インドネシア・イスラム大学 | トップページ | Roof top bar di Jakarta »

2015年6月 4日 (木)

海外旅行保険 ABC 


* 海外保険を扱っている保険会社は、あるサイトを見ると東京海上、三井住友海上、
損保じゃぱん、あいおい、エース、AIUなどがある。
* 旅行保険でカバーする内容を個人で相応かけるとする時の保険金額で示すと
傷害死亡・後遺障害:500万円
治療費用*:1,000万円
疾病死亡:500万円
航空機寄託手荷物遅延等費用:10万円
賠償責任:1億円
携行品損害:30万円
救援者費用:1,000万円
* ある保険会社では割引中で例えばヨーロッパ周遊6日間の上記保険で2,500円程度
採算がとれるのだろうかとも思える水準で 事故が少ないことを意味するか
* 治療費には現地入院関係費用、緊急移送費、通訳費、日本帰国後の医療費などを含む。
* 賠償責任とは誤って他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりした賠償費用
* 救援者費用とは被保険者が死亡あるいは遭難した場合等の親族の捜索救助費用等
* 1年以上5年まで等駐在型の長期もあるが69歳以下。70歳以上とかは個別相談
* 長期の例 障害死亡5,000万円、疾病死亡、1,000万、治療・救援費用無制限、賠償1億円
保険料は34日 19,000円 1年 216,000円程度
* 死亡・医療保障には戦争、自殺、心神喪失、妊娠などは含まず
* 携行品には現金、クレジットカードなどは含ます
* 日本語による各種サービスがあるが会社により異なる 例:病院紹介、輸送手配、立替、付き添い医師手配、ホテル手配等々
中にはアパート等の失火責任も保障するものがある。いつも消し忘れが気になる小生であるが保険で安心は出来ない。失火してしまったら大変である。。。
以上詳細と実際は個別に相談の事

|

« インドネシア・イスラム大学 | トップページ | Roof top bar di Jakarta »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア・イスラム大学 | トップページ | Roof top bar di Jakarta »