« ルピア両替事情 (ルピアを売って円を買う) | トップページ | パソパティ 3題ばなし »

2015年6月10日 (水)

バサハ ガウルの基礎

先日の「大学書林にないインドネシア語」の最後の3つ、Kepo Unyu, galauは若者の間で流行っているGaul言葉であったので当然辞書にはなかったのだ。Bahasa ABG(Anak Baru Gedeh)とも謂われ先代はBahasa Prokemである。ProkemとはBlok-MだとかBrokenとか騙されたが調べるとPreman(遊び人)のようだ。新しい言葉もドンドン作られているが基本はジャカルタの住民Betawiの言葉がベースになっている。新しいボキャブラリーは置いとくと、現代ではTVドラマにも辞書にも多くが登場し外国人もいつの間にかインドネシア語と思って使っている。幾つかの基本を纏めて見る。
1) 基本ボキャブラリー:これは覚えるしかない。
saya-> gue, gwa, gw kamu-> lu,  lo,  elu (you)
tidak-> enggk, ngga, ga ya-> iya, iye
cantik ->kece dia ->doi,  doski
seperti->kayak bodoh->bego
2) 発音や綴りの特徴
*最初の綴りをすてる。(s)udah、(s)aja、(s)ama、(m)emang、
*hを捨てる:(h)abis、(h)ujan、ta(h)u 、lihat ->liat,
*aがeとなる:benar ->bener、 bangat->banget 、hangat->anget
*auやaiがoとかeになる。kalau ->kalo、sampai ->sampe、mau ->mo
*長いものを短くするterima kasih-> makasi/trims、bagaimana->gimana、begini ->gini、
*他動詞"-kan"を-in"に替える。Belikan-> beliin,
*cの動詞を鼻音化:mencuci ->nyuci、mencari ->nyari、nyium
3) 文の強調・感嘆
Deh/ dah :sudahから。 Besok pagi aja deh
Dong:tuntu saja   Maju dong! - Tolong maju
Eh:日本語のえ でも  あなたは Eh, namamu siapa?
Kan:bukan? Bagus kan? Kan kamu yang bilang?
Kok:Kenapa?! Kok diam saja?  Saya dari tadi di sini kok
Lo/loh:驚きLoh, kenapa dia di sini? 怒りBegitu lho caranya
Nih/ ni:ini 強調Cape, nih、断りSaya sibuk, nih
Sih:karna 本当はBerapa sih harganya?、残念 Kamu sih datangnya terlambat遅れるからよ
Tuh/ tu :itu 見てみTuh, kamu lupa lagi kan

|

« ルピア両替事情 (ルピアを売って円を買う) | トップページ | パソパティ 3題ばなし »

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルピア両替事情 (ルピアを売って円を買う) | トップページ | パソパティ 3題ばなし »