« 公務員は勤勉? | トップページ | 国内取引ルピア使用義務のはじまる。 こんな考えは出来ないか »

2015年7月 3日 (金)

パスポート延長に9日間も

00img_2


ジャカルタでパスポート延長する気になって、ちゃんと居住届けも2年ほど前に領事館に届け、準備をしていたのであるが結局は日本にしてみることにした。ジャカルタでは居住届けもしておれば戸籍など変更してない限り直ぐできる。増補などはその日の内にもらえたが延長(切り替え)は4開館日である。行き帰りの渋滞はあるが、車に座ったままでいいので絶対楽だ。小生の場合は千葉県で昔何か駅から遠い所にあるとの記憶があったので日本を敬遠したのである。所で現在所有のパスポートには1年のVISAがあるのでこれを現地で切り替えるとパスポートにパンチで穴あけされVoidになるのでそのVISAが使えなくなるのではないかと恐れたからである。現所有のパスポート自体が昔ジャカルタで発行されたものであるので、その当時同じ問題があったはずであるが、嫌な移民局に照会確認するのも億劫で、結局そのVISAが失効した後、日本で取ることにしたものである。
00029


日本でも戸籍など変更なく転入手続きも当然済んでいるので難しいものは何もない。難しいのは写真くらいであるが街のfoto-Boxで500円で入手した。場所はやはり千葉は千葉であったが、工事中の千葉駅が大変だっただけで東口から5メートルのセンシティタワーの4Fであった。申請書を提出し、氏名本籍などを陳述し、署名の書き方を訂正させられたもののめでたく受理、そして9日目の今日船橋の支所で入手した。
開館日ベースで言えば7日であるのでジャカルタの方が早いとはどうなっているのであろうか
料金は¥16,000の収入印紙貼付である。ジャカルタの場合Rp1,760,000 であるので@110である。
新しいパスポートを手に取ると何か嬉しい感じが湧いてくる。初めて海外に行く人と同じなわけで、明日からその振りしながら人生をやり直すかと思ったが、ふとこれが最後の10年パスになるかもしれないとも過る。  

|

« 公務員は勤勉? | トップページ | 国内取引ルピア使用義務のはじまる。 こんな考えは出来ないか »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公務員は勤勉? | トップページ | 国内取引ルピア使用義務のはじまる。 こんな考えは出来ないか »