« 外国人課徴金の歴史と行方 | トップページ | 年金保障と 老齢保障の新規定はこれ »

2015年7月27日 (月)

ジャカルタも日本も 火災に注意

またジャカルタに行くつもりの小生にちょっと躊躇させるニュースだ。この週末に出会ったジャカルタの火事は次の通りで丸数字が日にちである。
Kebakaran di Cawang, 10 Damkar Diterjunkan  ㉗
• Dua Rumah Mewah Kebon Jeruk Diamuk Si Jago Merah  ㉗
• Kebakaran Gudang Kayu Diduga Akibat Korsleting ㉖
• Korsleting, Satu Rumah Hangus ㉖
• Akibat Korsleting Listrik, 10 Kios Hangus Terbakar ㉖
• Bedeng di Komplek Apartemen Green Pramuka Terbakar ㉔
• Sebuah Rumah Warga di Kebayoran Lama Terbakar ㉔
Duarumahmewahkebonjerukdiamuksijago


それらは漏電が多いからである。 記事の中のKorsletingというのがショートの意味であるが、オランダ語かと思ったが出てこない。
ジャカルタの当局の話によるとラマダンからレバランに掛けて155件の火事があり440億(4億円)の損害だったそうで 昨年は79件だったから倍増である。
当局はBidang Pemberdayaan dan Partimas Dinas Penanggulangan Kebakaran dan Penyelamatan DKI Jakarta と言うがこんな長い名前では火は消せない。
写真はokezonoから借用。
日本では軽飛行機が落ちて民家が火災のニュースが昨日の朝から今朝もびっしりどのTVもやっている。 単なる事故で騒ぎすぎである。 インターネットはニュースの分類を選べるからいいがTVは押し付けだから困る。 そういえば新聞は社会面は後ろの方だと思って広げたら第一面 大活字で書かれている。3名死亡のニュースだったが。

|

« 外国人課徴金の歴史と行方 | トップページ | 年金保障と 老齢保障の新規定はこれ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外国人課徴金の歴史と行方 | トップページ | 年金保障と 老齢保障の新規定はこれ »