« 6月の投資環境 | トップページ | 千葉駅の一新、もう少しの辛抱 »

2015年7月 7日 (火)

夫婦揃って国家英雄のダーラン通り

KH.Achmad Dahlanの名前を関した大学の序にその名前の付いた道路もあることを付け加えておこう。ミステックからラジオ・ダラムに行く道がそうである。プルタミナ病院の方から来れば、バリトーを超えた後左折する道である。ミステックから来る場合直接右折できないので少し先に行ってUターンしてくれば良い。Wiki00ahmad_dahlan_67


この道には昔日本カラオケまであった位であったが現在はちょっと不便な道にしてしまった。しかしガンダリア通りと交差する辺りからは色々レストラン等洒落た店が並ぶ道である。
それでその名前のDahlan 師であるが夫婦揃ってインドネシアの国家英雄である。
師の伝記は1868年ジョグジャ生まれ(月日不明~1923年)、プサントレンで学び、メッカに2度留学、1912年にムハマディアを創設イスラムの革新を進める。 父はウラマのKH.Abu Bakarでワリソンゴの父Maulana Malik Ibrahimの12代目である。正式に言うと彼の名前はMuhammad Darwisy (Ahmad Dahlan) bin KH. Abu Bakar bin KH. Muhammad Sulaiman bin Kiyai Murtadla bin Kiyai Ilyas bin Demang Djurung Djuru Kapindo bin Demang Djurung Djuru Sapisan bin…途中省略…Maulana 'Ainul Yaqin bin Maulana Ishaq bin Maulana Malik Ibrahimとなる。(bin若しくはibnは息子でアラブの名前は父、祖父祖先の名前:苗字はない:を連ねる。通常祖父まで)と長いが、当時の停滞したデカダンスに落ちたイスラムをアルクーランとハディースに帰る純粋主義を求め、又教育と慈善事業を行った。又夫人と共に女性ムスリム革新協会(Aisyiah)を組織、ムハマディアの父として1961年に国民運動英雄に叙される。Muhammadiyahの現会長はDin Syamsuddin(前はProf. Dr. H.A. Syafii Ma'arif でその前がアミン・ライス)である。
彼の夫人は:Siti Walidah Achmad Dahlan(1872年~1946年)で彼女は教育はなかったが夫に付いて学びAisyiahを組織し、各地に女子の為の寄宿舎を多く作った。夫人は1971年国家英雄となる。
Aisyiahも今もあり、現在の会長はProf. Dr. Hj. Siti Chamamah Soeratno である。この名前はムハマッドの12人の妻のうち3番目の最愛の妻の名前からとっており、アイシャーはムハマッドの死の床まで仕え多くのハディーズを伝えたためハディーズを重んずるスンナ派にとって敬われた女性である。
道路名にはKHが付いているのでキアイハジで夫だけである。女性も巡礼に行けばBu Hajiと呼ばれるがキアイはその上の宗教指導者で男だけであるようだ。

|

« 6月の投資環境 | トップページ | 千葉駅の一新、もう少しの辛抱 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月の投資環境 | トップページ | 千葉駅の一新、もう少しの辛抱 »