« 日本のコミサリスの労働許可 | トップページ | 情報豊富なインドン銀行 »

2015年8月11日 (火)

7月の投資環境:成長率減速 予算執行加速化に向けた諸策


7/8  成長率予想を5.2%→4.7%、来年は5.5%と世銀。財務省は下期回復見込む
7/6  インフラ事業中心に来年支出20%増目指す。ダム・道路・住宅・上水
7/10 インフラ事業遅れを防ぐ高官らの採決保証する法律整備急ぐと副大統領
7/9  イ工業の遅れ是正:国内製品を利用し輸入を減らす努力を:ジョコウィ。
7/6  政府の電力・通信インフラ事業計画でケーブル業界今年10%成長見込む。
7/10  砂糖工場設備の若返りに来年2,580億ルピア政府投入計画。
7/13  戦略的インフラ事業の加速化に向けて大統領令準備中、5プロジェクト海洋調整相。
7/29  開発計画のスムーズな実行目指し、国家開発企画庁の権限拡大を政府検討。
新規政策一斉スタート
ルピア使用義務、VAT税額票の電子化、非課税所得引き上げ、年金保障スタート。年金補償に遅延罰金、老齢補償の定年前取得に制限
7/23  消費製品中心に60超の輸入関税を引き上げ:財務相令。酒類輸入関税は最高150%
7/24  金融サービス庁、35の刺激策発表、中小企業向け中心に融資増見込む。

自然災害も顕著に:
マルクのガマラマ山、北スマトラのシナブン山、ジャワのラウン山が相次ぎ噴火。エルニーニョの影響でパプア降雪、東部地域中心に旱魃、乾季は長引き森林火災。パプアでマグニチュード7.2。
日系動向
7/1  資生堂JV設立、業務用商品の販売強化、資生堂 65%、オーラ・ボーテ35%出資。
7/6  ブリヂストン、アストラ・オートパーツと合弁で自動車向け防振ゴム生産へ
7/13  アシックス、首都グランド・インドネシアに初出店、ランニング用品など。
7/29  NTT、地場サイバーCSF買収へ、首都圏内のサーバー面積7,700平米に拡大。
7/29  インフィニティ・ライト・インドネシア、タンゲランでイ初のLED工場建設。
7/30  マンダム火災の死者21人に、補償金2億+埋葬費1千万支給へ。BPJSも補償
7/10  年金保障の掛け金支払い遅延に罰金月2%(政令No.45/2015)は負担:経営者協会。
7/22  今年上期の訪日イ人、過去最高の96,700人、ビザ免除効果か。

7/6  ジョコウィ政権に「満足」は36.2%だけ、「不満足」は過半とコンパス調べ。

|

« 日本のコミサリスの労働許可 | トップページ | 情報豊富なインドン銀行 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のコミサリスの労働許可 | トップページ | 情報豊富なインドン銀行 »