« ここにも悠久のオランダ建設 | トップページ | 日本のコミサリスの労働許可 »

2015年8月 7日 (金)

国営建設会社の源流

国営建設会社Adhi Karyaの決算状況を出したがこれは上場しているから入手できたもので、他に上場している会社を見てみると、そこに国営建設会社が4社あるが不思議と民間の建設会社はなく、さすれば民間は上場してないのかも知れないが名前が浮かばない。民間は不動産屋やデベロッパーは華僑系が多くしめているが、建設分野は日系なのかもしれない。それを置いておくと国営建設会社は案外と多く以下のようである。
PT Pembangunan Perumahan (Persero)
PT Adhi Karya (Persero) Tbk
PT Hutama Karya (Persero)
PT Waskita Karya (Persero) Tbk
PT Wijaya Karya (Persero) Tbk
PT Amarta Karya (Persero)
PT Istaka Karya (Persero)
PT Nindya Karya (Persero)
そして上場5社の国営大手の決算は以下の通り。
会社名 売上高 純利益
Wijaya Karya 12,500,000 615,200
Waskita Karya 10,300,000 501,500
Adhi Karya 8,700,000 324,100
Pembangunan Perumahan
6,500,000 531,900
Total Bangun Persada
2,100,000 163,600
上記Karyaの3社と上段のHutama Karyaがオランダ時代のものを1960年頃接収したものであるがPPはその前の1953年設立ゆえ一番古い会社となる。

|

« ここにも悠久のオランダ建設 | トップページ | 日本のコミサリスの労働許可 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここにも悠久のオランダ建設 | トップページ | 日本のコミサリスの労働許可 »