« 外国人労動者の雇用手順が改定? | トップページ | 宮殿もオランダの御蔭 »

2015年8月31日 (月)

マトアゴルフ場の思い出

ゴルフの現役を降りてから後ろ髪を引かれたゴルフ場がある。マトア・ナショナルゴルフコースである。スハルトが降板する前後だったか盟友ボブハッサンが作ったというのでさぞ豪華だろうとずっと思っていたからである。場所もチガンジュールであまり行くところではない。ところが最近の訪問記を読むとだいぶ寂れているようでプレー費も格安の部類にいるようだし、カートが全フリーとある。場所もこの間行ったブタウイの故郷セトゥババカンなので射程距離にはいって来た。
スハルト降板までは小生も現役で、ジャカルタ近辺のゴルフ場は全てわざわざでも出かけていたが、特に田舎のハーフや中には6ホールの所も総なめした。チョット上げるとチボダス、リド、サラビンタナ、チカンペック、チレゴン等々中にはなくなったものもあるだろう。そこまでして腕が上がった訳でもなく残ったのはゴルフ場リストで当時でも40ケ所のゴルフ場リストを料金まで補充していく毎日であった。ところが現在はそのリストにも載ってなかったゴルフ場があり9ホール以下でもやらせてくれるので助かっている。00_buah_matoa


マトアゴルフの写真はまだないので果物のマトアを掲げておこう。

|

« 外国人労動者の雇用手順が改定? | トップページ | 宮殿もオランダの御蔭 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外国人労動者の雇用手順が改定? | トップページ | 宮殿もオランダの御蔭 »