« アルジュノの妻女 | トップページ | Citadine Hotel »

2015年9月27日 (日)

地球温暖化とウイスキー無税限度

ジャカルタ行きの全日空は飛び立つ寸前だったか失速・ブレーキがかかり?ターミナルに引っ返す事故が起きた。事故と言うより機長がブレークの不具合に気付き再整備のため引き返したものである。その整備に1時間強かかり、後、燃料追加も行ったので2時間もかかったが、到着は1時間20分の遅れにとどめた。
スカルノハッタ着陸時は少し気構えたが安全を取ってくれた全日空に、或いは羽田だったから良かったと感謝したものだ。
00dsc_0001


飛行中は何故か自動的に窓が閉められたが小生は3~4度マニュアルで開けてみたが雲の外、見るものがない。そうだ今思うと羽田からジャカルタ迄殆ど雲で覆われており、まさに地球温暖化の現場を見たのである。
荷物の出も速く、近寄ってきたポーターを払いながら何か言うのを聞くとチョークの線が引いてあり、何故かウイスキーだ騒ぐ。そういえば今回はウイスキーを3本入れてきたのが見つかったのかと驚いたが、急ぎウエットティッシューで消し荷物通関の所に行くといつもは小さい方のバックのみの検査なのに今回は検査台に両方載せろという。観念して次の言葉を待ったが驚くことに何事も無くセーフであった。今回は洋酒もサントリーも敬遠してイオンスーパーで買ったNIKKAだけだったのが良かったのかもしれない。量ではなく値段で無税限度をセットしているのではないかと感心した。

|

« アルジュノの妻女 | トップページ | Citadine Hotel »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルジュノの妻女 | トップページ | Citadine Hotel »