« マトアもクドンドンも | トップページ | シャーウッッドとスマレコン クラパガディン »

2015年9月 3日 (木)

インドネシア人 名前のSoe~

何かで読んだがインドネシア人の名前のSoe~には「良い」という意味があるようだ。スハルトなどは後ろのHarto はジャワ語だとするとインドネシア後はHartaに変わるから財産という意味になる。スカルノはどうかであるがその伝でいくとマハーバラタのカルノになる。カルノはクンティが太陽神スルヨに冒され出産した百王子側の弓に英雄でアルジュノの宿敵となるのであるが あと色々説がありkarenaとかkupingを意味するとかである。Kupingとは大衆の声を聞く耳という後からのこじつけかもしれない。Soe~自体もketurunan子孫の意味があるそうだから何が本当か分からない。マハーバラタに出てくるドゥルユドノについてもマハーバラタの日本の一人者の著作では「ドゥル」は「悪い」という意味があるので、直接本人を呼ぶ時には、一応礼儀の上で「スユドノ」と呼びますとありなるほどと思う。しかし自分でSoe~をつけてるスカルノ・スハルトは人が呼ぶときはブンとかパッが付けられる。このSeoのついた名前は沢山あり、国軍司令官などの軍人から拾ってもSuhartono, Sudrajat,. Suyanto, Sumartono, Sutarto, Suparno, Sukarnaときりがないが3シラブルのスロノ・ストヨ・スルヨ・スロソ・ストモ シリーズは違うように思われる。

|

« マトアもクドンドンも | トップページ | シャーウッッドとスマレコン クラパガディン »

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マトアもクドンドンも | トップページ | シャーウッッドとスマレコン クラパガディン »