« インドネシア第4次 景気対策とルピア | トップページ | ルピア対策は万全か »

2015年10月22日 (木)

スマランのObjek Wisata

00dsc_0003


「私の好きなインドネシア」氏の推薦の訪問場所は建物だけを書くと次のようであった。
(1) Tugu Pemuda(青年の塔、鎮魂の碑)、
(2) Lawang Sewu、
(3) ドゥビヤ ホテル、
(4) Metro Hotel、
(5) Colonial Bank、
(6) 大覚寺(Tay Kak Sie)、
(7) Gereja Blenduk、
(8) St.Joseph、
(9) 中部ジャワ州博物館(Ronggo Warsito Museum)、
(10) Ngest Pandowo(ワヤン劇場)、
(11) グドゥン・バトゥ(Sam Poh Kong)、
(12) Jam Jago Museum、
(13) Stasiun Tawang、
(14) Stasiun Poncol、
(15) Toko Oen、
(16) バンデン・プレスト
( )内に補充したが氏は青年の塔と鎮魂の碑は別記されグドゥン・バトゥは三保洞と同じと理解し、12と16はおみやげ推奨のジャムーと魚の燻製の工場なのでHeritageではないが、これで寄れなかったところはSt. Josephのみながら残念である。代わりに寄った場所は
(17) Masjid Agung Jawa Tengah、
(18) Taman Budaya Jawa Tengah、
(19) Kantor Pos Semarang 
(20) Old Town(Kota Cina)
(21) Tanjung Emas
(22) Balai Kota
(23) Kantor Gubernur Jawa Tengah
(24) Gedung Juang 45
(25) Vihara Mahavira
(26) Simpang Lima
(27) Diponegoro師団
(28) Semarang Setara
(29) Tugu UNISBANK(Trilomba)
(30) Speegel
(31) Nusantara Terang Bangsa
00dsc_0290


これだけの場所を1日半の3回の出動で回って700枚の写真を撮ったのであるから効率的である。渋滞もなく道路網も整備されておるが邪魔する交通警察やStreet Childrenも居ない規律のある観光都市であるからであろう。
写真1;Ahmad Yani空港:これでも国際空港である。全く暑い。
写真2: ジャラン・アグスサリム 自由な交通 止めるものは何もない。
00dsc_0320


写真3; ジャラン・プムダ 女子高生も自由に横断
その後地図などを見て行かねばならなかった所を上げると(市内に限る)
(32)Vihara Buddhagay (Pagoda)
(32) Museum Mandala Bakti
(34)Taman Budaya Raden Saleh
(35)Gereja Santa Perawan Maria Ratu


|

« インドネシア第4次 景気対策とルピア | トップページ | ルピア対策は万全か »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インドネシア第4次 景気対策とルピア | トップページ | ルピア対策は万全か »