« ルピア若干回復  どこまで行けるか | トップページ | サンガル・クリダ・ワニタ »

2015年10月13日 (火)

世界のコンテナー商船会社

00apl_grahaatrium_2


スネン・ラヤのちょっと綺麗な建物の写真を撮っていたのがあり、上の方にAPLのロゴがあり、その後ブカシの高速レストエリア Km19で出会ったコンテナートラックにもAPLの名前がでていたのでこのビルのAPLと言うのは物流コンテナー会社なることを知った。セネンのビルはPT APL、Graha Atrium Lt.12 とあったので賃貸オフイスの支店かも知れないが、APLをgoogleしてこんな古い世界的会社の名前が小生の頭からスリップしていることにも驚いた。
0000_apl_09mar15_44t


この会社は堂々とAmerican President Lines Limited という名前であり前身は1848年創業であり、1940年代からAPLの名を冠して旅客船事業をやっていたが1973年からコンテナー事業に切り替えている。日本にも古くから進出しており現在は日本の主要港に荷物取り扱いの拠点を持っている。
世界オペレーションの本社はシンガポールでコンテナー積載量換算船舶保有数は世界第7位で140ケ国以上で展開しているが1997年よりネプチューン・オリエントラインの子会社となっているそうだ。
その世界ランキングであるが第1位はマースクライン(丁)、2位3位の瑞と仏を飛ばすと4位は台湾の長栄エバーグリーン、5位と9位に中国が入り6位は独のHapagロイド、7位がAPLで8位韓進で日本はやっと10位の大阪商船なのである。序にNYKが13位、K-Lineが15位。
海運国家日本人よ 傲らぬ様に祈る。上記瑞と仏の会社名も恥ずかしながら聞いたことないので今回は外した。

|

« ルピア若干回復  どこまで行けるか | トップページ | サンガル・クリダ・ワニタ »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルピア若干回復  どこまで行けるか | トップページ | サンガル・クリダ・ワニタ »