« Bantenは街中がイスラム | トップページ | ルピア若干回復  どこまで行けるか »

2015年10月 9日 (金)

バンテン博物館

昨日の続きで観光文化度の低いバンタンで入手できたパンフレットは博物館のチケット代わりのような代物で全体でかろうじてA4サイズくらいにはなるが内容的にも意味が無いシロモノである。
00dsc_0193_2


まず博物館の名前は「Museum Situs Kerpurbakalaan Banten Lama」のようだ。バンテンラマの考古学サイト博物館とでも言うのであろうか
裏にBalai Pelestarian Cagar Budaya Serang セラン文化遺産保存ホールとなっている。
00dsc_0196


ここは1985年、当時の教育文化省のSoebandio総局長がオープンしたとこと土地が10,000m2あること、古代コイン・セラミック・装飾品・武器などが飾っていること、アクセスはセランから12km簡単な地図があるが虫眼鏡で見てもこのミュージアムのほかはMasjid Agung、Kaibon、Speelwijk、Tasikardiだけであった。

|

« Bantenは街中がイスラム | トップページ | ルピア若干回復  どこまで行けるか »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Bantenは街中がイスラム | トップページ | ルピア若干回復  どこまで行けるか »