« インドネシアのセメントの消費量 | トップページ | シシンガ地下鉄駅の青年の像 »

2015年11月19日 (木)

3SのSoedarpo海運王

プラパタン10の後に名を成した3人にSoedjatmokoとSoedarpoとAbdulrachman Salehであるが、偶々頭文字がSなので3SであるがこれをTiga Serangkaiとすると別物になる。こちらはインドネシアナショナリズムのパイオニアとして東インドネシア党を設立した仲間Tjipto MangunkusumoとDouwes DekkerとSuwardi Suryaningratになる。独立前後のリーダーSoekarno、Mohammad Hatta、 Soetan Sjahrirを挙げることもある。
次いで4人組Empat Serangkaiは日本占領時重用されたSoekarno、Mohammad Hatta、 Ki Hajar Dewantara及びMas Mansurである。
00samdra_ho_p1300080


上記3Sの内SoedjatmokoとAbdulrachman Salehはブログ済であるがSoedarpoはまだである。 
Soedarpoはインドネシアの海運王と言われた実業家であるが青年時代は志士でもある。リンガジャティ協定やハーグ円卓会議ではインドネシア共和国を代表する一人として活躍し、独立後ビジネス界に入り海運会社PT. Samudera Indonesiaを頂点に, 1986年にはグループ21社を率い、2006年にはフォーブスでインドネシア富豪の一人に数えられた。 
00samderamar_2008


サムドラグループの本社はプラザ・スリッピーに行く道にあり、或いはカリ・ブサールにもオランダ時代の建物を所有しており、2008年頃倒壊して長く放置されていたがもうリノベされたであろうか。ビジネス界からは国家英雄に選ばれることはない。

|

« インドネシアのセメントの消費量 | トップページ | シシンガ地下鉄駅の青年の像 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシアのセメントの消費量 | トップページ | シシンガ地下鉄駅の青年の像 »