« スマラン追加 マンダラ・バクティ | トップページ | スロソワン王宮 »

2015年11月 3日 (火)

不可抗力のインドネシア語

不可抗力とはインドネシア語でKeadaan Kahar或いはKeadaan Memaksa、英語ではForce Majeureというが以下のようなものが列挙される。
天災bencana alam, 火災kebakaran, 洪水banjir, ストライキpemogokan umum, 戦争perang (dinyatakan atau tidak dinyatakan), 暴動pemberontakan, 革命revolusi, 反乱makar, 動乱huru-hara, テロterorisme, 伝染病wabah/epidemikでインドネシアらしい。その国、その契約で特定されるものである。ただこれに限定するものでなく定義をおいてこれらはその一つとしての例示なのである。
定義では当事者の手段では手のうちようがないluar kendali dan kekuasaan、事象、事件keadaan dan/atau kejadianであり政府によりその旨宣言され、従い当事者はこの契約で定めた義務の履行を果たせないものである。
大きな契約では記載されるであろうが、つい忘れることもある。最近の状況からは想定外も色々起こる現代であるから必要な事項であろう。

|

« スマラン追加 マンダラ・バクティ | トップページ | スロソワン王宮 »

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマラン追加 マンダラ・バクティ | トップページ | スロソワン王宮 »