« 3SのSoedarpo海運王 | トップページ | 気になる中国とインドネシアの協定 »

2015年11月20日 (金)

シシンガ地下鉄駅の青年の像

00sisingamangaraja_oct15_4


9月まだジャカルタにいる時、地下鉄工事の為シシンガマンガラジャの青年の像(Patung Pemuda)は土台が掘り起こされ丁度ゲソの串焼きみたいな形になっていたが、この像は歴史的保存遺跡になっているので粗末に出来ず工事が終われば現在のままに戻すことになっている。シシンガマンガラジャ駅は南北線の1期(レバック・ブルスーHI前)の真ん中でここより北は地下鉄、南は高架鉄道になるようだから、ここにこのような420トンもある巨大記念物があると大変だろうと思う。
00sisingamangaraja_oct15_5


写真では多分釣り上げるクレーンか何かが像の頭上にあり、この青年の像が工事を手伝っていた。
ここの建設の青写真はないので推定であるが地下鉄駅はスミットマス寄りにあり、ここから地上に徐々に上がって行くところにこの青年の像が再度立つことになるのであろう。昔は土の上に立っていたが完成後は噴水共々コンクリートの上に立つ事になる。その9月に直径6.7メートルの巨大なカッター掘削機が日本から2台着いて、北に向かって上り線下り線を同時に掘っていくように見受けるが、この辺りも小生は不確かである。完成の18年までは見届けたい。

|

« 3SのSoedarpo海運王 | トップページ | 気になる中国とインドネシアの協定 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3SのSoedarpo海運王 | トップページ | 気になる中国とインドネシアの協定 »