« インドネシア投資環境ピックス 2015年11月 | トップページ | 富豪を生む 肥沃なインドネシア »

2015年12月15日 (火)

帰国便のANAとインターネット

ジャカルタ往復の都度、飛行便のことを書いているが、もう新しい事は何も起こらないだろうと思うと豈図らんや何かは起こるものだ。今回は満席事件とでも名付けよう。今回少し早めに出発時間より2時間45前にチェックインしその時まだ誰も並んでいない状態であったが、いざ座席を取ろうとすると前から後ろまで全席通路側はないとの通告、驚き、信じられず、なんとかゴールド待機組なることなどで陳情したら、なんとか一番前のゆったり出来る一番いい席をもらえた。そして全員乗り込んでドアもしまった時点までこの一番前の席は小生が一人で占める状態であった。申し訳ないなと思っていたところ二人組で別々に座っていた者がこの席に目を付け、二人で移動して来、一人席があっという間に3人がけに、そして彼らがいた2つの3人がけが二人がけに逆転する珍風景が発生したのである。この二人は韓国籍の大きな若者であったが、まぁ肘や膝を張ることもなかったので許すことにしたのであった。我々3人組は前がゆっくり出来る分、後ろにリクライニングするのは遠慮する模範的乗客になったのである。
寒い冬ま只中、背広一つで家路に向かったが、その京急線は冷房して居ることに怒りが高まり日本橋で抗議したが、職員も驚いていた。ひどいマニュアル勤務だ。
掲題のインターネットとは2週間未使用だったからか家でインターネット接続が出来ず翌日持ち越しとなり今日auショップに出かけたが、担当も、そこで電話した技術の担当も全然知識がないことにがっかり、そこで友人に電話して状況を説明したら適確なワンポイント助言で、あっという間に成功した。Auの人間には教えたくはないのだがパソコンもコンバーター(ルーター?)も人間も再スタートすることが重要なのだ。

|

« インドネシア投資環境ピックス 2015年11月 | トップページ | 富豪を生む 肥沃なインドネシア »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア投資環境ピックス 2015年11月 | トップページ | 富豪を生む 肥沃なインドネシア »