« PILKADAとKPU   | トップページ | インドネシア投資環境ピックス 2015年11月 »

2015年12月 9日 (水)

TIPIKORとKPK 

先日のオンブズマンのビルであるがそこは以前汚職裁判所があった所である。
00dsc_0682_2


昨日念の為見に行ったら正面の裁判所の門塀碑の名前が消されているのを見た。消してはあるが確かにPengadilan Tindak Pidana Korupsi (TIPIKOR)と読める。その日何気なく見ていたビジネスインドネシア誌の付録雑誌にこの転出先が解った。Gajah Mada No.17 と読めたが、サイトを探るとどうも又移転しているようだ。移転先はJl. Bungur Besar Raya No.24,26,28となっており、これらの主は高等裁判の人権、商業、汚職(TIPIKOR)及び労働(Hubungan Industrial)の特別裁判所が合同で入っているようだ。ラスナ通りはMMC病院の手前横であるがその時はTIPIKORだけであった。
00pb130055_3


そのラスナのずっと手前には汚職撲滅委員会KPKがあるが、いつぞや狭くなったとかで移転の話があったが、驚いたことに
00dsc_0661_2


これは既に新ビルが完成しており、同日偶然目にしたがちょうど現在のKPKの裏手に当たる。この方面には資金が回ってくるがPILKADAのKPUビルは古いままだ。ちょっと語呂合わせをやってみた。

|

« PILKADAとKPU   | トップページ | インドネシア投資環境ピックス 2015年11月 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PILKADAとKPU   | トップページ | インドネシア投資環境ピックス 2015年11月 »