« 元日系のHolcim Indonesiaの限界 | トップページ | Rawa と Pulo »

2016年1月12日 (火)

投資環境トピックス 2015年12月

A. アセアン共同体発足。政治・経済・文化の統合 6億人、3兆ドル市場
B. 経済政策第7弾発表:
従業員5千人以上、過半の製品輸出の労働集約型企業のPPh21を減税、対象は手取りが年5千万ルピア
以下の従業員で、来年から2年間で延長も検討。 投資許可3時間発行サービス
C. Welcome政策は来年ずれ込む:法人税率、現25%を20%程度にカット。製造業者のテスト・アフターセール
ス用完成品輸入制限付きながら再び認められる見通し。
D その他
12/14 国会議長のフリーポート株の裏取引疑惑:政治調整相も国会査問
12/3 ジャカルタ~バンドン高速鉄道はバンドンのLRTと連結:西ジャワ州知事。
12/6 ボゴール市内はモノレール建設へ、首都圏結ぶ構想のLRTに連結へ。
12/7 ごみ焼却発電事業の許認可緩和へ:投資誘致でジョコウィが方針。
12/1 インフラ開発や貧困率引き下げに向こう5年間に計100億ドル支援:世銀。
12/23住商と関電、中ジャワ州に超々臨界圧発電所 264万キロワット、25年売電事業

|

« 元日系のHolcim Indonesiaの限界 | トップページ | Rawa と Pulo »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元日系のHolcim Indonesiaの限界 | トップページ | Rawa と Pulo »