« BPJSの会計と税務  実施手順等 | トップページ | ラワン・セウの歴史 »

2016年1月 7日 (木)

アクロニム Kamseltibcar Lantas

妙なインドネシア語に出会った。
Kuningan 通りとなっているがGatot Subroto通りにあるFlyoverがこの1月1日からオープンになった記事に出てくるものでKamseltibcar はKeamanan安全, Keselamatan安寧, Ketertiban規律, dan Kelancaranスムーズ順調、 Lalu Lintas交通の省略形である。略語には頭文字だけの組み合わせ(一語づつ読むSingkatan)と 頭部分も取り込んで一つ綴りの造語にするもの(Akronim)があるがこれらは新語みたいになって辞書を引いても出ないので厄介だ。先般のPILKADAやTiPIKORもそうであった。Lalu Lintas自体もどちらも動詞には遠い“通る”であるので“交通”とするのは特別だ。そういえばLaluはこちらより、以下の方でより使われる。
Lalu?=話の続きを促す。
Tahun (yg) lalu=昨年
Selalu=いつも、
Terlalu=大変~過ぎる
動詞はmelalui(通過する、経由する)やmelintasi(横断する)となる。
序に交通巡査はPolantasである。

|

« BPJSの会計と税務  実施手順等 | トップページ | ラワン・セウの歴史 »

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BPJSの会計と税務  実施手順等 | トップページ | ラワン・セウの歴史 »