« メデューズ号はバタヴィア号の200年後 | トップページ | 新宿と世界の巨大駅 »

2016年1月15日 (金)

PengaHati2-Hi 特別裁判所

00p2030162


先日のラスナサイドのTIPIKORの特別裁判所は、その後Gajah Mada No.17に移転したことをキャッチ、そこまで追いかけで記事にしたが、実際はその先があり、又移転していた。更に追いかけ移転先のJl. Bungur Besar Raya No.24,26,28に出掛けた。
00dsc_0104


Gunung Sahari通りの昔Golden Trulyの裏で、昔Hotel Goldenに向かう通りである。
最初はこのGajah Madahの裁判所はジャカルタ中央区のものであり、Bungur Besaの方はジャカルタ東区だと思ったが看板は間違いなく同一でジャカルタ中央区と書かれている。
しかしGajah Madaの方も閉鎖されておらず、今はどちらも生きて居るように見えた。
或いは移転直後なのかもしれない。
いずれにしてもこのような裁判所は第一審として地方裁判所に属し、従いジャカルタは各区にあり更に各地方地方でもこれら特別裁判所或いは特別法廷を設置されているのである。
00dsc_0106


建物にはPengadilan Negara/Niaga/HAM/TIPIKOR Dan Hubungan Industrial、Jakarta Pusatとある。HAMとかTIPIKORは略字(SingkatanとAkronim)であるが全体を略して欲しいものだ。PengaHati2-Hiとでもしておこう。

|

« メデューズ号はバタヴィア号の200年後 | トップページ | 新宿と世界の巨大駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メデューズ号はバタヴィア号の200年後 | トップページ | 新宿と世界の巨大駅 »