« スンダランドの謎 | トップページ | 製造業の完成品輸入等 API緩和 »

2016年2月 2日 (火)

ジャティネガラ宝石センターへのアクセス

ジャティネガラの駅前にGapuraが建った話は1月6日に日本に居る時に書いたが現地に来てちょっと見に行ってきた。0000jatinegar_aug14_32


興味あったのはそこの宝石類の専門モールとジャティネガラ駅へのアクセスである。このジャティネガラ地区はジャテイネガラ・バラット通りとジャティネガラ・チムール通りが卵状にふくらんだ形で楕円形で一応周回出来るようであるが、駅に行くにはまず北のマトラマンラヤを下って来るのであるが、マトラマンラヤの名前はこの卵状のチムール側の半分まで占めている。そしてその間、軍のコンプレックス前辺りから内側と外側の部分に分かれて、周回するなら内側を、そして駅に行くには外側を通らないといけないことだ。
0020141130_jatinegara_15_4


そこに大きなジャティネガラ卸売センターPGJがあるが 写真は内側から撮ったもので鉄柵越しとなる。 駅に行くなら左側の車線道を通るのであるが、これはブカシ方面に分離して1車線程度に細くなる。
00dsc_0387


そこから右手に同じ鉄柵越しに少し派手なモールと黒いモスクが見える。 この鉄柵は駅の先まで伸びており、前回駅の前には柵はないと言ったのが間違いであった。そして駅の前辺りにこのGapuraがあるので駅を通り越して1km弱でUターンして戻って来なければならない。00dsc_0407_3


そして左手に曲がる所にあるのがこのGapuraとモールである。
GapuraはSentra Batu Akik Rawa Bungaと書かれている細い鉄製のもので、ちょっとがっかりする。
0000dsc02741


ここはその派手なモールと書いたJakarta Gems Center Rawa Beningと言う宝石類の専門モールである。ここには2,000以上の店・キオスクがあるらしいのだが、よく指輪を売り付けに来る男たちのイメージがあるので入店は遠慮したが内部も綺麗なようだ。
こうした専門モールで生き残りをかけている国営伝統市場のPasarJaya はアチコチにあるようで、Puramukaは鳥類や医者用道具・薬、Cipeteは車のonderdilスペアパーツである。Onderdilとはオランダ語のようだ。

|

« スンダランドの謎 | トップページ | 製造業の完成品輸入等 API緩和 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スンダランドの謎 | トップページ | 製造業の完成品輸入等 API緩和 »