« インドネシア投資環境トッピックス 1月 | トップページ | ブルーバードの成功物語 »

2016年2月 9日 (火)

スカイフォールからスペクターへ

世界の美女(の話)に出会いメモにしていたら、昨日ANAのジャカルタ-東京便の機内映画でスペクターと言う映画で実際の映像を楽しむことが出来た。偶然と言えば偶然であるが、一時はこの映画の冒頭はメキシコの人骨仮面祭りのシーンが長く続いていたので、やめてオディッセイと言う映画に切り替えて居たのであるがこのオディッセイは「火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする。。」というもので非現実的火星での植物栽培シーンに苛々してスペクターが007であることに気付き又戻って見たものである。この女性の名前はレア・セドゥと言い1985年生まれのパリジェンヌである。
D972e1c6f84f6e850c3f892b5ebfb32a


168cmの長身でスタイルも良く、ブロンドの髪やアンニュイな表情が魅力的でファッションもなかなかであるが、気に入ったシーンでは敵対する秘密組織の大基地に出された衣装であったが、サイトを探してもないので代わりにこれを付けた。映画は筋よりもアクションと大爆破シーンなどである。このスペクターのダニエル・クレイグの前作は「スカイフォール」で「映像と音の友社」で1,419円で売っているので買おうと思っている。

|

« インドネシア投資環境トッピックス 1月 | トップページ | ブルーバードの成功物語 »

インドネシアのセレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア投資環境トッピックス 1月 | トップページ | ブルーバードの成功物語 »