« 地方自治体の首都事務所の機能 | トップページ | インドネシア ビリオネア2016 »

2016年3月 7日 (月)

順天堂 医院と一番づくし

00


入院した友人のオペも成功し感謝した病院であるがそれが順天堂大学付属順天堂医院である。聞くところで調べると、現在病院と言うのは病床数20以上で初めて使えるタイトルで19以下は診療所となるが、ここは3,202ベッドもあり国立のグループを除けばトップであろうが病院と言わず発祥時のままの名前順天堂医院を守っている。発祥は天保9年(1838)の最古の西洋医学塾である。2代目堂主は最初の明治天皇の大典医、最初の大博士号、東大医学部の前身の最初の学長、そして3代目堂主は日本政府発行旅券第一号、ソウル大学医学部に繋がる最初の院長や軍医総監などを勤めた。単独で日本最大の病床数を誇るのは1489床の 藤田保健衛生大学病院や 1423床 東京女子医科大学病院など色々目白押しであるが順天堂は浦安、静岡、越谷、練馬など6病院を抱える。
00mar16_8

隣には日本で最初の歯科大学である東京医科歯科大学。

|

« 地方自治体の首都事務所の機能 | トップページ | インドネシア ビリオネア2016 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地方自治体の首都事務所の機能 | トップページ | インドネシア ビリオネア2016 »