« インドネシア ビリオネア2016 | トップページ | 感慨深い日本企業ニュース目白押し »

2016年3月 9日 (水)

交差するパプアとニューギニア

00papua_oct15_6


イリアンジャヤは悲願25年、1963年の国連の同意と1969年のその後のでっち上げの投票でインドネシア帰属が決まったもので、この世界で2番目の大きな島パプア島(ニューギニア島 お互いの別称)の西半分を言い現在はイリアンジャヤの名称は不使用と決めた(2002)のでイリアンジャヤ州はパプア州の名称が使われ、更に更にパプア州から一旦西イリアン州の名称(2003)を経て西パプア州(2007年改称で)が分かれたのでこれを除いた部分(東パプア)が単にパプア州という事になったというのでややこしい。
この大きな島は16世紀ごろポルトガル人が来てパプアと名ずけ、北側はスペイン人がニューギニアと称したことからパプアの名前が複雑化した最初で、20世紀西半分をオランダが領土とし、東半分の北のニューギニアをドイツが、南のパプアをイギリスが分断・委任統治したがこの東半分は最終的に1975年パプア・ニューギニア独立国として独立した。国名にわざわざ独立国と入れているのもパプアとニューギニアの名称の複雑さを回避する気持ちが表れているのかもしれない。 パプア州は地理的にはオセアニアに属しており、又パプア・ニューギニア独立国はアセアンではないがアセアン・オブザ-バーになっている。パプア州で地名が良く出るのは、独立国との縦の線東端の北に州都のジャヤプーラ、真ん中が昔の流刑地タナメラ、南がインドネシア領東端のシンボル、メラウケであり 州の真ん中南寄りにローレンツ国立公園、その西側が、米国鉱山会社フリーポートがあるミィミカがある。フリーポートは西パプア州ではなくパプア州の西にある。00suryo_oct15_5


このパプア州のジャカルタ事務所がスルヨ通りにあったので、この通りパプアのブログとなった。

|

« インドネシア ビリオネア2016 | トップページ | 感慨深い日本企業ニュース目白押し »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア ビリオネア2016 | トップページ | 感慨深い日本企業ニュース目白押し »