« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の投稿

2016年4月30日 (土)

インドネシア法令はお任せ

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 4月号の目次は以下の通り、会計、税務,、貿易、投資、労務、金融、産業、経済、企業、政治等のインドネシアで経営する企業が関わる全ての分野の重要法令など満載している。
月刊誌の購読の他、毎週法令ニュースをE-mailでお届けしているので、是非ご連絡ください。
他に会社としては投資関連許認可・変更事項の法務セクレタリ-、会計記帳・経理指導、
税務計算申告代行なども個別フイーにて提供しております。どうぞご利用ください。
詳しくはウエブサイトwww.indonesialink.net/indomalco/或いはメールアドレスrisa@indomalco.com
又は 'kitamura@indomalco.com、 nishimi@indomalco.comに照会下さい。 
2016年4月号
               
         
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 「会計原則 202~投資不動産 3」 4 11
  4 ) インドネシアの 支払い金利の源泉徴収の税務 3 15
  5 ) インドネシアの THRの新規定 2 18
  6 ) インドネシアの 外国人の住宅取得と譲渡 2 20
  7 ) インドネシアの 付加価値税不徴収・免除の政令 3 22
  8 ) インドネシアの 労災保障における医療サービスと料金 2 25
  9 ) インドネシアの API-Pの製品輸入推薦状 4 27
  10 ) インドネシアの その他贈与の税務 2 31
  11 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 33
  12 ) インドネシアの PMAの建設サービス事業許可 4 35
  13 ) インドネシアの その後の経済刺激策パッケージ 4 39
  14 ) インドネシアの 税務債務ゼロ証明 2 43
  15 ) インドネシアの 内部統制と財務報告の信頼性について  3 45
  16 ) インドネシアの 2017年の祝日と一斉年休取得日 1 48
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2016年3月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 1 49
  2 ) 2016年4月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 3 50
  3 ) 物価・貿易16年4月発表 メール配信 1 53
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 「明日の街角124~熊本地震に思う」  橋本政彦 2 54
  2 ) 「インドネシアの宗教略史」 広沢 勉 4 56
  3 ) 「インドネシア・ビジネス・エクゼキュティブ その7」 西見恭平 4 60
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2015-2016トレンド メール配信 2 64
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 66
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 67
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
0000bandung_aug08_100


表紙写真:1955年4月、スカルノ初代大統領がインドのネルー首相や中国の周恩来首相、エジプトのナセル大統領らと共に開催した第1回アジア・アフリカ会議の議場。開催地の名前をとってバンドン会議とも言われるこの会議には、植民地支配から独立したアジア・アフリカ29か国の首脳が集まり、平和十原則を採択するなどした。現在はアジア・アフリカ会議博物館として、一般に公開されている。

発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 5A Floor, Jl.Jend.Sudirman No.47, Jakarta 12930, Indonesia
TEL: (+62-21) 570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
Handphone:0816-726585, E-Mai:risa@indomalco.com, 筆責:北村、兼松、西見
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/

| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

インドネシア・アニメ「スラバヤ戦争」

ANAの機内で見た映画に「スラバヤ戦争」というのがあった。もう昨年製作の話ではあるが、インドネシアが作ったアニメ映画で、インドネシア独立戦争の事件の実話に絡ませた話で日本も好悪両面で登場する。どこまでが本当かどうかはちゃんと歴史事実を把握して見ないといけないが、事実か確かめるためにGoogleしてもキャッチできないものがたくさんある。上げてみると、①紳士の吉村中佐 ② 清水ひさしが作ったキパス・ヒトナム武術結社 ③ 気絶から醒まさせるカラバニの葉などがあるがここで説明するほど作り話には熱中しなかったので評価も出来ない。歴史事実のみクロニクル風に補足すると;
1945年8月17日 インドネシア独立宣言(スカルの・ハッタ)
1945年9月30日 日本軍に対するインドネシア側青年行動隊の武器奪取の戦闘はじまり、日イ(ムストポ)との武器引き渡し交渉
1945年10月25日:日本の武装解除のため連合軍として英印軍スラバヤに上陸、インドネシア側に武器引き渡しを要求、インドネシアはこれを拒否、影にオランダも上陸。市民との小競り合いの戦闘が頻発しスカルノもスラバヤに来て一旦停戦協定なる。
Surabya_10_nov_2


1945年10月30日:英軍司令官マラビー旅団長巡察中に銃撃死亡、
1945年11月5日:英軍はシンガポールから兵団を投入、最後通牒を発する迄に緊張。
1945年11月10日:スカルノに任された市長のスルヨの決断で市民立ち、英軍総攻撃始まる。ブントモ、ムストポなどがリーダーで「独立か死か」を掛けた市街戦へ、英軍1,000人、市民2万人が死亡したという。国際社会にインドネシアの独立にかける心意気を知らしめた意義は高い。この日はインドネシアの英雄の日となっている。

| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

リアウ州代表事務所

タバコのJarumの本社のある所から北に抜けるとカタムソ通りに出る。
00riau040


この道に写真の様な変わった建物を見かけた。リアウ州のジャカルタ代表事務所かと思ったがメスと書いてある。Kantor_riau


本当の事務所はOTISTA通りにあるようだ。リアウ州はシンガポールの対岸に当たる州で1957年に中部スマトラをリアウ、ジャンビ、西スマトラに分割したその一つで64km2、6百万程度の人口であるがドゥリ、デユマイの油田を持つ裕福な州で州都はプカンバル、結構観光資源もある。
州出身者には余り知られた名前はないがウノさん(Sandiaga Salahudin Uno)の名前があった。この人はお父さんがCALTEXに勤めていた人だから、出身と言うより生まれであろう。この家族はずっと前からジャカルタにおられる。
この州では、スルタン国のシアク宮殿や日本軍によるスマトラ横断鉄道の話はあるが少し荷が重い。

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

Djarum の最近

インドネシアの大富豪1位及び2位はタバコのジャールムを率いるハルトノ兄弟である。小生は未だ小生収集のエクゼクティヴ・ブログにはまだおこがましくてアップしてないと思っていたら既に14年11月に「ハルトノ兄弟は常に第一位」として済んでいた。
00djarum_2016


頭にはまだだと思ってこの間、ジャルムのジャカルタ本社を探して写真を撮ってきた。場所はJl Aipda K S Tubun 2c/57 であるがSlippi/Petamburan地区でわかりにくい。Brijen. Katamso通りの南、Pelni病院の北である。57には看板も出ていないが、
00djarum_foundation


隣は2C/16までの敷地でそこにはDjarum Foundationと出ていた。奥に荒れ果てた赤屋根の工場みたいなのが見える。ここもタバコを巻いていた女工哀史があったのであろうか。
Djarum はタバコブランドではBlackやL.Aは有名であるが、タバコの利益の他、民間No.1 の銀行BCAやGrand Indonesiaが儲けの上位にあるのであろう。
Resindahotelkarawang


最近はカラワンに22階建て、200室の4スターホテル Resindaをオープンさせた。ここは200haのResinda住宅地を開発中でもある。ホテル運営はPadma Hotelのようでそのホテルの写真はPadmaからの借用である。

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

行徳物語 その4 バケツドラム

00myouden_buckett_drum_16


ジャカルタとは全然関係ないが、江戸川の土手で太鼓でリズムをとっている一団がいて見に行くと太鼓でなくタライやバケツなどあらゆるもの家庭用品などで奏でる趣味の人たちだと解った。 00myouden_hashi_16_21


やかましいので河の土手のハズレでやっていた。こんな趣味もあるのだと紹介しておこう。寫眞では見えないが、中心になるのは多分大小幾つかのバケツを並べドラマー的に叩くバケツドラムであろう。

| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

戻りのANA便とThe Revenant

『レヴェナント:蘇えりし者』という映画を、戻りのANA便で見ることが出来た。3行程度の紹介文では引き入れるものはなかったが、実際見てみるとその突き付けるような激しい暴虐・残虐シーンに目を伏せた。初期の西部開拓時代、アメリカ北部の雪原地帯を舞台に輸出用毛皮取りの狩猟軍団を襲う土着の蛮族との壮絶な戦いとその恐怖の中で起こる一人息子を仲間の一人に殺された猟師の復讐への一途さを描いている。Revenantとは亡霊を意味する、死地からのサバイバルであるが、それは最大級アメリカ熊に30分にも渉るかと思われた、襲われた死地からの再生だったのか、その仲間に生きたまま埋葬された死地からの再生シーンもある。猟師グラスを演ずる主役のディカプリオは2015年アカデミー主演男優賞を獲得したが5度目のノミネートの後やっと取れた名演技であった。
戻りのANAの座席はチケット購入時を一度はこれで我慢したH33であったが、24時間前の変更手続きを忘れ空港でその手続きをやったが係の女性は通路側で真ん中が空席の座席はないと言う、途中で助けに入った男の係はG35 にあると言ったが、そこではこの係り二人で揉めていたので変更を諦めたが、搭乗して見ると、将にG35だけが通路側で横が空席の小生の条件に合う最後の一つであった。CAにそちらに移らせてもらったがそこに居た老齢のイ女性には他の席(満席状態)にグループの人も居たので何か事情があっての3席取りだったのかもしれない。帰りにお礼を言ったが恨んではいなかったので安心した。
最近は本当に搭乗率が満席状態であるので、今回の行きー帰り便の幸運はこれが最後であろう。

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

ホンダとヤマハ

最近の2輪車の月別販売状況は以下の通り。前月比大きな落ち込みを示した1月の後持ち直している数字であるが、前年同期比では7% 減と一段の厳しさを示している。
2015 2016
502,783 -10% 416,263 -20%
556,091 11% 524,864 26%
546,169 -2% 563,341 7%
524,775 -4%
469,630 -11%
574,714 22%
421,838 -27%
622,089 47%
603,102 -3%
602,882 0%
535,682 -11%
520,400 -3%
6,480,155  

マーケットシェアは2010年と様代わり様相
2016年第1四半期はホンダが46%から72%に上昇、ヤマハは45%から24%に下落、台数で言えばホンダは2010年比2015年は138%と増加、ヤマハは半減、スズキは1/5に縮小している。
  Honda % Yamaha % Suzuki % Kawasaki % Other %
2010 3,381,827 46% 3,326,380 45% 525,987 7% 83,248 1% 15,895 0.2%
2015 4,453,888 69% 1,798,630 28% 109,882 2% 115,008 2% 2,747 0.04%
I2016 1,090,615 72% 359,775 24% 31,244 2% 22,393 1% 441 0.03%
今後予想される金利の低下で需要を覚まさせるか、それより不況感が購買心理を支配しそう。
エクセルではブログはどうなるかな 必要なら別途メールする前提で出してみる。

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

セメント インドネシア

Semne_indonesia


インドネシアのセメント業界のトップはセメン・インドネシアでシェア-40%を占める。
2位が先にブログしたインドセメントでこちらは35%程度占める両雄で、名前が間違い安いが、前者は国営企業でインドネシア語のセメンで、後者はインドXXグループ(インドフードとか元のリムスーリョンのグループ)で英語のCementである。しかし街では後者のロゴ Tiga Rodaはよく見かけるがセメン・イドネシアのロゴはあまりみないがこのとおりである。それもそのはずこの会社は2012年に3つの国営会社を束ねたHolding Coとなったばかりで中核はSemen Gresikの他、単独ではインドネシアで一番古いSemen Padang 及びSemen TonasaとThang Long Cementがある。Semeng Padangは説立1910年のオランダ時代のIPCMで日本軍時代は浅野セメントが徴発した。セメン・インドネシアの本社はGresikにあり、中核のSemen Gresikの設立年1957年を以って設立としているようだ。その前には25%部分をRajawaliグループが取ったり、Cemex(メキシコ)が保有したりした時代はあるが現在は政府51%民間49%である。

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

インドネシアの ホンダとヤマハ

両社に付いて何かまとめようかと思っていた所、格好の題材だと思ったタイトルのニュースはなんと価格カルテル嫌疑のなんとも人騒がせのニュースであった。両社の市場シェア-はホンダ1社で50%を超え、両社で75%を超えると優先的地位となるため、あるいは前々から事業競争監視委員会(KPPU)が睨んでいたのかもしれないが、今回はビジネス誌の報道では両社が協調してモペットとスクーターの価格をつり上げていたという確固たる証拠をつかんだということで審査を継続中」という内容である。
事実関係は知らないが競争相手の価格を見るのは当然であり、もし後発がその価格帯に設定した場合はあたかも取り決めたかの様になる。

価格に付いての不正行為はインドネシアのいわゆる独占禁止法では以下の条文となっている。
第5条:特定商品・サービスの販売に際し、他の競争相手である事業者と、購入者が支払うべき価格を取り決める事。
第11条:競争相手である事業者と、ある商品・サービスの生産・販売を規制することによって価格に影響を与え得るとの意図で契約すること。(カルテル)
罰金面からいうと第5条が50億から250億、第11条は250億から1,000億ルピアである。
行政処分も250億迄ある。
KPPUは審査や決定の期間が60日や30日などと定められ、この決定に不服の場合は地方裁判所や最高裁判所の裁判が始まる。

一社独占的になってくると相手より敢えて高く設定せざるを得ない状況もあるのであろうか。難しいだろうが車種の特色などで同一にならないことが肝要ではないのかと思われる。

| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

ダメな日は駄文

日曜日は休みの日である。朝は天気も良いようでカメラ日和であった。宿題を片付けて思い出したようにコタ駅に行くことにした。下に降りてみるとヤシの葉が大揺れの風の中雲行きも怪しい。アパートのカーコールのおじさんに「Hujanかな」と聞いて見たが返事がなく出かけを思案中だった所、カーコールのおじさんはこの発音の悪い小生のHujanをUjanとかHujangとか運転手の名前かと勘違いして呼び出している。
00dsc_0231


ポツリと来ていたので又上に上がって一寝入りし、3時頃地面が濡れているのを確認してバスで出かけることにしたがやはり雨は来た。
00bus_perumpuanバスは前の車両が女性専用であるので前から寫眞は取れない。バスの車掌もここは女性であったが権限があり、小生を男性用コンパートメントに案内し若い男をどかせて小生を座らせてくれた。その時は相当混んでおりこの写真はコタからの帰りである。出かけの時間が2時間ほど狂ってしまい用便のCYCLEを逃がしてしまったので途中、何度も下車を考えたが、最後のコタ駅で前の車両の渋滞に15分以上かかり、断末魔の中
00kota_bus_station


バスレーンのコタ駅は円環状のちょっとした土産屋が並びそこに極楽があったので本当に助かった。
00kota_stasiun


混雑した駅を覗いただけで又降りだした雨の中、帰ることにした。駅もバスレーンも機能していることを確認できたが、この雨の中帰りはガラガラである。日曜日は男女や夫婦ズレが多くそれでも、男女では一緒に女性専用車に座れなく皆分かれるか男性専用車に座る。小学生の男もダメである。脚を掛けている男や床に座っている男達は直ぐ車掌に叱られる。乗り降りの際財布や持ち物に手をかけて盗まれないようにと何度も注意している。サリナデパート辺りは大洪水でセダンなどが立ち往生していたがバスはなんともなかった。ガンガン冷房の効いたバスが洪水で立ち往生したひにゃ、こっちも干上がってしまうとこだった。

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

151年前のVan Vleuten

00van_vleuten


Eigen Hulpの競争相手として、前回、「北にもモダーンなVan Vleutenという店があり、1884年の世界的砂糖不況で、潰れている」と紹介したが、本当に古い話になったものだ。しかしEigen Hulpの御蔭で、この店の建物が現存していることが解ったのである。そこは当時知る人ぞ知るバナナ・マーケットと言われた地区の南側で横がブックショップKolffがあったところである。
00vleuten_belakang_kolgg_3


今はKali Besar Timur IIIで、角地のKolffは現在崩壊し、建替え中であると紹介した通りで、その写真からはその崩壊した建物の奥に三角屋根が見える。前に高い並木樹木があり、更に道路にはバスレーン大型停留所があるのでなかなか寫眞にはとれない。反対側から取った寫眞で大昔の下の寫眞と比較するも長い2階建ての建物という点は共通であるが本物かどうかの確証は取れない。本物だとすると151年もっている事になる。 店のVleuten_cox名前はVan Vleuten & Cox といい1865年設立で、食料、ビール、かぐ、陶器、タバコ、宝石、セメント、金網などを扱った。Cox とはHendrik Coxというオーナーの一人の名前でこの写真では白い帽子で馬車にカッコつけて立っている人である。1番右端にKolffが僅かに見える。
現在SonyのXpeliaで取った寫眞は取り込み失敗。日本用とジャカルタ用に 2個も持っているがどちらもダメ(機能せず)でもう捨てるしかないのか

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

インドネシア大胆な減税対策

インドネシア政府は4月8日所得税の非課税所得(PTKP)を本年50%引き上げる計画を発表した。現行年間36百万故54百万となる。月収とすると3百万が4.5百万となる引き上げ幅である。税収が可成りきつい段階であるが、これにより消費が伸び、釣られて企業業績ものびて、消費による付加価値税と企業所得税の増加が期待できるとした。GDP伸びで言えば0.16%伸びると読んでいる。
PTKPの引き上げは昨年も7月に1月に遡って50%引き上げたが今回も6月頃、1月に遡って引き上げるそうだ。法人税に付いても、アセアン共同体の中での競争力維持のため税率引き下げが検討されてきたが、最終的には20%の千での国会審議に持ち込む計画である。
こちらは早くても来年実施できるだろうかという感じを持つ。
政府予算から見ると税収は2012年頃よりターゲット比、50兆、80兆、88兆、240兆と未達が拡大中である。
少し大胆すぎるところがインドネシアで、それでもなんとかやるのであろう。
只小生などは少しその余裕を他の細かな所にも回してほしいと思う:それは僅かな出張手当の課税とかBPJSの会社負担部分の課税などは結局企業が税まで含めてかぶることになることを知っているのであろうか

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

パデポカン・プリンゴンダニ

00golf_picture


スナヤン・ドライビングレンジが閉鎖され、プロマス・ゴルフ場も閉鎖されたと聞くので、次なる練習場を探しにハリムに出掛けた。そこはハリム飛行場の直前の道にあり、昔感銘を受けたきり何故か利用することがなかったが、頭の中には鮮明に覚えており、運ちゃんも当然知っていると思ったが、彼はハリム・ラマ(I)とかを思ったか、チャワンで高速を降りるのを忘れ、結果ラーマングンまで行かされた。00dsc_0040


このドライビングレンジの名前が覚えきれない程聞き慣れない名前だったのが、間違いの元だったのかもしれない。00dsc_0049


250ヤード、60席ながらブローシュアの通り壮大な作りである。 100球10万ルピアとか料金は練習場に大きな差異はない。オーナーはS氏、1990年代だったと思う。
残念だったのはビールを置いてないことだった。 この一つで経営者の大きさがわかるというものである。

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

ジャカルタ自動車産業の基地

00toll_ke_mm09mar15_14


新港パティンバンはカラワン辺りから70km、ジャカルタからなら140kmから170kmとする報道もある。カラワン辺りの工業団地はひとくくりでなんというのだろうか正式な名前はないが東ジャカルタ工業団地で通ずるだろうか ブカシ・カラワン・チカンペックを指しているのでJakarta Timurではない。0000kawasan_ind_mm_044tr_2


電話局番がほとんど021だからジャカルタ局であるところから東ジャカルタと称した。この工業地帯は上記の距離から行くとジャカルタから70kmとなるがそれはまちまちで31kmから80kmと幅がある。そしてこの工業地帯は自動車・2輪車の生産拠点となっている。ここの団地名とジャカルタからの距離などの情報を集めてみよう。

KIIC 伊藤忠1,139ha:56km 、トヨタ自、ヤマハ、ダイハツ、自部品...
MM21 丸紅955ha:30km、ホンダ2輪、ヤマハ、トヨタ車体、電装、ミツバ...
Jababeka:Chemco、Showa、TGI
GIIC 双日1,700ha:37km、三菱自(30ha)、スズキ、TPR
EJIP住商320ha:35km、アイシン、サンケン
Mitra:56km ホンダ自(12万台)、ダイハツ
Surya住商協力:57km、ダイハツ、ブリジストン、Piston Ring、日本電池..
KBIIC:65km、日産、日野  ここだけ局番0264
以上アクセスが困難なものは省く。(E&OE)

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

ANAの座席の取り方

今回のANAは料金60,400円であった。料金表を見ると日程によっては大分違うのでこの点からは十分余裕を見て予約が必要である。他の航空会社あるいはANAを使い出す3年ほど前は1ケ月以上とか事前の予約は割引があったので早めにチケットを手配したが、ANAは1年ものだろうと全て同一の安い料金適用なのである。又最近徐々に腰がおもくなったか、予約取るのが遅くなり、今回は9日前になってしまった。予約と書いたが今は同時購入である。
座席も指定しようと思ったが全席不可能である。購入できたが座席がないのである。
ANAに電話すると色々事情を聞かれたあげくそれでもダメで当日のチェックインカウンターでと諦めていたが、前日の24時間前以降のオンラインチェックインがあったのを思い出し今回初めてやってみた所、一番好みの座席を確保出来た。安心と拍子抜けとちょっとの怒りの感じである。 今までオンラインチェックインはやらなかったのは荷物も多いので同じことだと思っていたのである。今回は荷物も少なく機内持ち込みだけの筈であったが、その機内持ち込みの小型バックを処分予定の中型バックに入れて持ってきたので、結局その手続きが必要であった。それはチェックインカウンターの隣に荷物預けカウンターがあり、そこで手続きしたので、結局同じことである。そしてオンラインチェックの際出力印刷したボーディングカードは取り上げられ通常のカードが渡された。荷物がない場合は出力したカードだけでいいはずだと思うが多分ダメであろう。チェックインカウンターも乗客は少なく、あるいは荷物預けカウンターも2組待ちであったので、時間的にも有利かどうかは不明である。オンラインチェックインで後1,000引きとかしてくれれば有利さはでるが。。

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

日本勢、エレタンに再上陸

最近の日本通信社各社が伝える所によると、チラマヤに代わる新港湾建設には日本政府として日本勢で取るべく3,000億円規模の円借供与に積極対応するようだ。この規模は最大規模の円借款である。日本はもともとチラマヤ新港を進めて来たもので同時にバンドン新幹線とともに日本が取るものと皮算用していたもので、新幹線は100%外国借款で釣った中国に持って行かれチラマヤはプルタミナの海底パイプラインなどの理由で流されていたものであったが、そのチラマヤから若干東部に位置するスバン県パティンバンがロケーションとなる。
チラマヤは日本企業が工場団地建設し多くが進出しているブカシーカラワンーチカンペックの工業団地地帯の東北で非常に地の利は良かったが今回のスバンはここから50km程度東に遠くなる計算である。工業団地帯はジャカルタから約70km、そこから新港までは70kmの距離である。
工業団地帯にはトヨタやホンダなど自動車工業も大生産地を形成しており、自動車連盟は他国を抑えたアジアの生産拠点を目ざし新港を要望してきたところである。
2月下旬にインドネシアのジョナン運輸相が来日し、円借款が要望され今後事業化調査をすすめることで合意しており、インドネシア側はすでに事前調査を完了、予算を43兆ルピアと見積内約35兆ルピア(3,000億円 80%強)が日本側担当となる。2017年着工、2019年一部開港の計画であるが、遅れ気味の新幹線で今回は中国の巻き返しはないだろうと小生は期待しているが、イ側は国際入札案件としてのフリーハンドあるいは協調姿勢をとるであろうが柔軟に対応し、実をとってほしいものだ。現在のタンジュンプリオク港は年間、コンテナ650万個分の貨物を取り扱っているが3~4日の滞留・渋滞が発生しており、その緩和となる。新港でも2037年ごろは750万個扱いを視点にしている。思い出して地図で調べたらPatimbanは75年前日本軍が上陸したEretan湾であり近くにPatrol街がある。ここから25km南のスバン・カリジャティでオランダの降伏をうけたのである。
Cilamaya Wetan/Karawang Regency : Cikampek の北東の Pasir Putih
Patimban:近くの町はPamanukan、Indramayuの手前

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

3月の投資環境トピックス 日本企業元気・経済改革も進む 

3/7日までは既報
3/8  ホンダ「CR-Z」マイナーチェンジ車発表、価格5.35億ルピア。
3/16  PLNに初の直接融資、JBICと三井住友銀の協調融資、発電事業に加速。
3/16  クラカタウ日鉄住金の自動車鋼板工場、年内完成
3/17  ヤマハ、アコースティックギター出荷累計1千万本達成。
3/18  AXIAサウスチカラン第2棟が竣工、4/1から入居開始。
3/21 エプソンが設備追加で年内2億ドル投資と工業省幹部。
3/23 マセラ鉱区開発、INPEXの海上案ではなく陸上建設に決定:ジョコウィ。
3/24 千代田化工、米フリーポートから銅製錬所受注。契約額は約1,000 億円規模
3/26 スバンの新港開発計画に日本が34.9兆ルピア貸付と運輸省幹部。
3/28 バタン火力発電所(計2千MW)の建設用地接収が完了、2020年の稼働目指す。
3/31 日揮コンソ、アチェ州ブロックAガス鉱区で建設等(EPC)契約を受注。$2.4億


経済改革も進む
3/10  北ジャカルタに保税物流センター開業、トヨタなど11社に便宜。
3/10  非賃金受給者の健康保険料4月から引き上げ、クラスIは34.4%アップなど
3/14  中古設備輸入の技術的条件を強化:工業相令。
3/15  成長率を下方修正5.1%、来年は5.3%で変わらず:世銀。IMFは4.9%
3/17  中銀レート0.25%引き下げの6.75%に。
3/17  投資簡素化検討:TDPとSIUP見直し、妨害法隣人承認の廃止、所在地証明
3/18  ジャカルタ港の貨物滞留時間3.5~3.6日まで縮小と政府。
3/22 超富裕層($3千万米ドル以上の投資可能な資産を保有、10年で4.5倍増
3/24 会社資本金の下限を撤廃、(従来5,000 万ルピア授権資本金、25%以上を払込)
3/28 首都空港税値上げ4/1から、国内線5万ルピア、新設国際ターミナルは20万
3/29 経済刺激第11弾:土地・建物取得税引き下げ、輸入依存の製薬業振興など。
3/30 税務署がクレジット会員情報や取引データにアクセス:財務相令。
3/30 宗教手当の支給、勤続1 カ月以上の社員にも
3/30 首都道路の乗入規制廃止、当局が検討

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

潰れそうな?ジャカルタロイドもEigen Hulp

グループ「廃墟部大好き」に入ってから、それならあれだと思った建物がある。ファタヒラー広場を抜けるピントゥ・ブサール・ウタラがカリブサール・チムール III(ジャラン・コピとジャラン・クニールの間)に刺さるT字の左側の建物で、取った写真を拡大するとまだ壁に書かれた字が読める。
00djakarta_lloyd_asransi_1910


書かれているのはDjakarta Lloydである。やっとその名前を発見したと思ったのであるが、さらにジャカルタロイドをサーチングしているうちに、何の事はない、自分自身で書いた2008年7月22日のブログ「無残 オランダの建物」にもすでに「ジャカルタ一、無残な姿を見せているオランダの建物の正体が判った」と書いていたのだ。
先を急ぐとこの建物は1890年に立てられ、このDjakarta Llotdの前は、“Onderlinge levensverzekering van EIGEN HULP”が使っていたとされ、これで2つの疑問が氷解したのである。
一つはガジャマダ通りのEigen HulpデパートのWikipediaに “Eigen Hulp yang masih dapat dilihat hingga kini adalah tulisan Onderlinge Levensverzekering van Eigen Hulp (Asuransi Jiwa Eigen Hulp) di tembok bangunan di pojokan Jalan Pintu Besar Utara dan Jalan Kali Besar Timur 3.(Eigen Hulp には現在見ることが出来るのが上記T字にEigen Hulpである)”と書かれており、その時はOLVEHのEigen Hulpは1922年に事務所を立てたJalan Jembatan Batuなのになぜ2つある(あるいは間違っているのだろう)と思った疑問である。この2つの距離は500メートルもない近距離だからである。しかし昨日のブログで調査した結論、この3つ生保・生協・相互保険は大元のデン・ハーグの企業の分身・歴史であったのであると言うことである。そうしてこの3つの正式名を見ると以下の様に少しずつ違うのであった。
1. Kali Besar Timur III: Onderlinge levensverzekering van EIGEN HULP(生保)
2. Gajah Mada : Winkel-Maatschappij Eigen Hulp Ltd(百貨店)
3. Jembatan Batu : Onderlinge Verzekeringsmaatschappij Eigen Hulp (OLVEH 相互保険)
ロケーションから行くと古さは上記の1, 2, 3の順である。
そしてこのDjakarta Lloydが保有している建物は 「植民時代の建物リスト」にはabandonedとされている。Djakarta Lloyd自体が不払いで商事裁判で訴えられているのである。物流に力を入れるジョコウイ大統領も知っていることではあろうが。

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

Eigen Hulpが残したもの

ジャカルタ水没の象徴となったOLVEHだが、洪水のたびに前の道はアスファルトで固められ、ドンドン高くなったとか、いずれ見に行くとして、名前の後ろに付いているのは相互扶助のEigen Hulpなので、最初はこれでgoogleする事になったが、なんとそれはデパートの名前であった。 
しかしそれは更に遡る昔の話で且つ案外短命に終わって(1890年~1929年)いて今に残るものもないが、辛抱して読んでみると、本店はオランダで、バタヴィアではガジャマダ通りとジュアンダ通りに支店があったそうである。Eigen_hulp_tr


ガジャマダ通りの店は現在のBTN銀行の当たりで、当時の絵葉書で左の樹木に半分隠れているのがその店である。 以前ここにはMarine Hotelがあり、そのあと開いた店である。店の名前からもOnderlinge Hulp現在の生協であったようで当時のオランダ人公務員が多く行った店で生活用品の他モダーンな商品も並んでいた。
商品種別には、pembuat busana, kaos kaki, topi wanita, sarung tangan, kalung, busana pria, mainan anak, kotak musik, album, vas, patung perunggu, rokok, pelana, peralatan kuda, makanan bermutu、cerutu, payung. Juga menjadi disributor Liberty & Co dan karset Royal Worcester Americanなどがあり、小生も選ばれた一人と自認しているので、読む内に行きたくなる。
ところがこの当時北のカリブサールの方で、高級品の競争店Van Vleuten & Coxがあったが、時に1894年の世界的砂糖不況で苦しみ、こちらの方が割引など生協的活動で打ち勝った歴史はあるが自身も1929年の世界恐慌で店を閉めるはめになっている。
最初に戻ってOLVEHであるが、OLVEHもこのデパートEigen Hulpもオランダの本店はDen Haagにあったその名前の相互扶助・保険・生協・の店で、1878年創業の名店のようで、バタヴィアに進出したのがJuandaであり Gajah Mada であり、Jembatan Batuなのであろう。從い1922年建築のJumbatan Batu 事務所のOLVEHもこの1890年頃には進出ずみであったのである。 この名店はオランダでも名前を知る者はいなくなっているようだが、インドネシアではOLVEH博物館として残っているし、国営Jiwasrayaにつながっている。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »