« インドネシアの ホンダとヤマハ | トップページ | ホンダとヤマハ »

2016年4月20日 (水)

セメント インドネシア

Semne_indonesia


インドネシアのセメント業界のトップはセメン・インドネシアでシェア-40%を占める。
2位が先にブログしたインドセメントでこちらは35%程度占める両雄で、名前が間違い安いが、前者は国営企業でインドネシア語のセメンで、後者はインドXXグループ(インドフードとか元のリムスーリョンのグループ)で英語のCementである。しかし街では後者のロゴ Tiga Rodaはよく見かけるがセメン・イドネシアのロゴはあまりみないがこのとおりである。それもそのはずこの会社は2012年に3つの国営会社を束ねたHolding Coとなったばかりで中核はSemen Gresikの他、単独ではインドネシアで一番古いSemen Padang 及びSemen TonasaとThang Long Cementがある。Semeng Padangは説立1910年のオランダ時代のIPCMで日本軍時代は浅野セメントが徴発した。セメン・インドネシアの本社はGresikにあり、中核のSemen Gresikの設立年1957年を以って設立としているようだ。その前には25%部分をRajawaliグループが取ったり、Cemex(メキシコ)が保有したりした時代はあるが現在は政府51%民間49%である。

|

« インドネシアの ホンダとヤマハ | トップページ | ホンダとヤマハ »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシアの ホンダとヤマハ | トップページ | ホンダとヤマハ »