« セメント インドネシア | トップページ | 戻りのANA便とThe Revenant »

2016年4月22日 (金)

ホンダとヤマハ

最近の2輪車の月別販売状況は以下の通り。前月比大きな落ち込みを示した1月の後持ち直している数字であるが、前年同期比では7% 減と一段の厳しさを示している。
2015 2016
502,783 -10% 416,263 -20%
556,091 11% 524,864 26%
546,169 -2% 563,341 7%
524,775 -4%
469,630 -11%
574,714 22%
421,838 -27%
622,089 47%
603,102 -3%
602,882 0%
535,682 -11%
520,400 -3%
6,480,155  

マーケットシェアは2010年と様代わり様相
2016年第1四半期はホンダが46%から72%に上昇、ヤマハは45%から24%に下落、台数で言えばホンダは2010年比2015年は138%と増加、ヤマハは半減、スズキは1/5に縮小している。
  Honda % Yamaha % Suzuki % Kawasaki % Other %
2010 3,381,827 46% 3,326,380 45% 525,987 7% 83,248 1% 15,895 0.2%
2015 4,453,888 69% 1,798,630 28% 109,882 2% 115,008 2% 2,747 0.04%
I2016 1,090,615 72% 359,775 24% 31,244 2% 22,393 1% 441 0.03%
今後予想される金利の低下で需要を覚まさせるか、それより不況感が購買心理を支配しそう。
エクセルではブログはどうなるかな 必要なら別途メールする前提で出してみる。

|

« セメント インドネシア | トップページ | 戻りのANA便とThe Revenant »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セメント インドネシア | トップページ | 戻りのANA便とThe Revenant »