« ジャカルタ自動車産業の基地 | トップページ | インドネシア大胆な減税対策 »

2016年4月13日 (水)

パデポカン・プリンゴンダニ

00golf_picture


スナヤン・ドライビングレンジが閉鎖され、プロマス・ゴルフ場も閉鎖されたと聞くので、次なる練習場を探しにハリムに出掛けた。そこはハリム飛行場の直前の道にあり、昔感銘を受けたきり何故か利用することがなかったが、頭の中には鮮明に覚えており、運ちゃんも当然知っていると思ったが、彼はハリム・ラマ(I)とかを思ったか、チャワンで高速を降りるのを忘れ、結果ラーマングンまで行かされた。00dsc_0040


このドライビングレンジの名前が覚えきれない程聞き慣れない名前だったのが、間違いの元だったのかもしれない。00dsc_0049


250ヤード、60席ながらブローシュアの通り壮大な作りである。 100球10万ルピアとか料金は練習場に大きな差異はない。オーナーはS氏、1990年代だったと思う。
残念だったのはビールを置いてないことだった。 この一つで経営者の大きさがわかるというものである。

|

« ジャカルタ自動車産業の基地 | トップページ | インドネシア大胆な減税対策 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャカルタ自動車産業の基地 | トップページ | インドネシア大胆な減税対策 »