« ANAの座席の取り方 | トップページ | パデポカン・プリンゴンダニ »

2016年4月11日 (月)

ジャカルタ自動車産業の基地

00toll_ke_mm09mar15_14


新港パティンバンはカラワン辺りから70km、ジャカルタからなら140kmから170kmとする報道もある。カラワン辺りの工業団地はひとくくりでなんというのだろうか正式な名前はないが東ジャカルタ工業団地で通ずるだろうか ブカシ・カラワン・チカンペックを指しているのでJakarta Timurではない。0000kawasan_ind_mm_044tr_2


電話局番がほとんど021だからジャカルタ局であるところから東ジャカルタと称した。この工業地帯は上記の距離から行くとジャカルタから70kmとなるがそれはまちまちで31kmから80kmと幅がある。そしてこの工業地帯は自動車・2輪車の生産拠点となっている。ここの団地名とジャカルタからの距離などの情報を集めてみよう。

KIIC 伊藤忠1,139ha:56km 、トヨタ自、ヤマハ、ダイハツ、自部品...
MM21 丸紅955ha:30km、ホンダ2輪、ヤマハ、トヨタ車体、電装、ミツバ...
Jababeka:Chemco、Showa、TGI
GIIC 双日1,700ha:37km、三菱自(30ha)、スズキ、TPR
EJIP住商320ha:35km、アイシン、サンケン
Mitra:56km ホンダ自(12万台)、ダイハツ
Surya住商協力:57km、ダイハツ、ブリジストン、Piston Ring、日本電池..
KBIIC:65km、日産、日野  ここだけ局番0264
以上アクセスが困難なものは省く。(E&OE)

|

« ANAの座席の取り方 | トップページ | パデポカン・プリンゴンダニ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ANAの座席の取り方 | トップページ | パデポカン・プリンゴンダニ »