« 4月の投資環境は好転か? | トップページ | 日イ 凧博物館 »

2016年5月12日 (木)

OLVEHで締める。Eigen Hulpシリーズ

00dsc_0160_2


この間からのオランダ時代の生命保険会社Eigen Hulpは今の国営生保会社Jiwasrayaに関係するはずだとサーチングかけたら出てきた記事は“Menteri Susi Pimpin Peresmian OLVEH milik Jiwasraya”(スシ大臣がJiwasraya所有のOLVERのお披露目会の主賓であった“というもので掲載したのは将にJiwasraya社のサイトであった。OLVEHとはこの生命保険会社(Onderlinge Verzekeringsmaatschappij Eigen Hulp)であるので、もうこれだけでEigen Hulp ・=. Jiwasrayaとなる。そしてこのお披露目の記事はEigen Hulpのシリーズの出だしであった。
1957年、イリアン闘争の時に全てのオランダ企業を奪取、国営化にしたが、この時、生命保険会社9社を纏めて合併し出来た会社がJawasrayaの先代である。この時Eigen Hulpの会社名はOnderlinge Levensverzekering Genootschap DE OLVEH van 1879;である。
00dsc_0176


ところでこの建物は地面より95cm沈下しているというので、前回ジャカルタに居る時に見に行ったが、この道路は交通の激しいところで、心優しいマイ運ちゃんは止まることも出来ず、為に取れた写真はこのようなものしかできなかったが、確かに入口正面は相当沈んでいる事は確認できた。 駐車するスペースもないので隣の状況までは確認できずじまいであった。

|

« 4月の投資環境は好転か? | トップページ | 日イ 凧博物館 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月の投資環境は好転か? | トップページ | 日イ 凧博物館 »