« これは安いジャワ料理 | トップページ | 慎重の原則にHatii2 »

2016年5月29日 (日)

ジョコ大統領来日のおもてなし

インドネシア横断鉄道3弾目はジャワ北幹線鉄道である。(1弾目Pekanbaru- Muaro)、2弾目Saketi-Bayah)大分前からジャワ北幹線鉄道の改修工事の日本への発注のニュースがあった。ジャカルタースラバヤ750kmを現在7時間で運行されているのを5時間に短縮する改修工事で確かジョナサン運輸省辺りからの話であったので、これで中国にさらわれたジャカルターバンドン高速線のバランスを取るのだと直感した。只この前にこのブログでも「日本勢、エレタンに再上陸」で日本はパティンバン新港建設を日本が受注する事に最大注力している話はした通り、この北幹線鉄道改修工事を取れば取り過ぎとなる。
G7


そして昨日のG7に関連して現地発のニュース「インドネシアの港湾整備事業 日本受注へ きょう首脳会談で表明」で初めてジョコウイ大統領も日本に来ているニュースを知った。日本にいてもぼんやりテレビだけ見ていたらオバマ一色でこんなローカルニュースには接することがない。
そしてG7日程をキーにして首相官邸サイトで日イ首脳会談があることに行き付いたのであった。只この会談はたった10分で二人の握手の写真もな、その内容は外務省のペイジにあったが、要点を書くと
安倍首相は「パティンバン新港整備については,両国の象徴的事業になると確信しており,円借款,日本の技術を活用して最大限協力する用意がある・・・今後も電力や運輸分野での協力につき議論を深めたい旨述べた程度でこれに対し「パティンバン新港については2日前に大統領令に署名した,日本のODAを活用し,運営についても日本と協力して行いたい,ジャワ島北幹線鉄道については現在インドネシアで検討中であり追って日本側に相談したい旨述べた事が書かれていた。
これを見るとパティンバンはGoのようだが北幹線鉄道は疑問符だ。小生も中国がジャカルタースラバヤ高速鉄道をとってもこちらの5時間ならこれで十分な強敵になるからである。 
00160526welcoming20reception


日本の今回のジョコ大統領の扱いは軽く見過ぎだと感じていただけに、愛知県(知事)の活動で少し胸をなでおろしたことだった。
全体写真でジョコ氏は真ん中安倍の一人置いた右。00160526presiden20tiba20di20jepang


0016052620presiden20g207202


0016052620presiden20g207201_2


ジョコ大統領の写真を見るなら インドネシアの官房長官サイトsetneg.go.idだ。

|

« これは安いジャワ料理 | トップページ | 慎重の原則にHatii2 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは安いジャワ料理 | トップページ | 慎重の原則にHatii2 »