« 日イ 凧博物館 | トップページ | スマトラ横断鉄道 »

2016年5月17日 (火)

自動車の動向

インドネシアの景気の現状を見るのには自動車及び二輪車の販売状況であるが、前回の二輪車の動向と同じく2016年はどちらも前年比マイナスでスタート、この不況感が購買意欲に水を刺すことになる。2輪車ではホンダが一人勝ちに近くなってきたが自動車も一人気を吐いているのがホンダである。
上位5社の2年+2016IQの実勢を上げてみよう。
  2014 シェア 2015 シェア 2016 IQ シェア
トヨタ 399,119 33% 321,818 32% 80,303 30%
ダイハツ 185,226 15% 167,808 17% 42,452 16%
ホンダ 159,147 13% 166,258 16% 58,379 22%
スズキ 154,923 13% 121,805 12% 28,859 11%
三菱 141,962 12% 112,527 11% 27,703 10%

|

« 日イ 凧博物館 | トップページ | スマトラ横断鉄道 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日イ 凧博物館 | トップページ | スマトラ横断鉄道 »