« どう見るパプア | トップページ | 大富豪ユニクロの路線 »

2016年5月 9日 (月)

Susilo Wonowidjojo と大富豪

00


この名前で容易に父Suryo Wonowidjojoの名前を思い浮かべる。小生に取ってインドネシアの大富豪として初めて聞いた名前である。インドネシアのタバコの代名詞でもあったグダンガラムの創始者で1958年のことであった。Susiloはその3男(2015年で60歳)で、父の後兄(Kaka)のDjajusman Surjowijono (Rahman Halim)が2000(2009?)年に辞任の後3代目となった。
彼は2015年の50 Richestでは第2位である。長くインドネシアの大富豪のニュースに接してきたが、今あらためて驚いている。大富豪のリストはフォーブス社が世界のビリオネアとして発表しているがこのリストでこの名前を見ることがないためである。ところが同じフォーブス社ながら50 Richestには堂々2位で2年連続である。1位はどちらも同じくタバコ産業のDjarumのHartono兄弟である。この2つのリストの違いはこちらの50 Richestは家族単位で計算していると推定した。それでビリオネア・リストになくて50 Richestには居る常連のEka Cipta Wijaya(Family)やAnthony Salim兄弟の理由も付く。
*50 Richestの記録
2012年第3位 74億ドル
2013年第4位 53億ドル
2014年第2位 80億ドル
2015年第2位 55億ドル タバコ葉不作と新タバコ税金のためか25億も減少
この年で言えば第1位Hartono 154億、第3位はSalim 54億、第4位はEka Tjipta 53億
グダンガラムに付いては第2本社ビル建設もあり「グダンガラム その2」としてもブログしているのでそちらも参照乞う。写真は関係ないがハヤムウルックの中華レストの名前が大富豪である。一度ここで食べてみたいものだ。

|

« どう見るパプア | トップページ | 大富豪ユニクロの路線 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どう見るパプア | トップページ | 大富豪ユニクロの路線 »