« Halte: ファタヒラー博物館 | トップページ | ジャカルタとバタビアの行政区分 »

2016年7月14日 (木)

ブティック・APL・ポドモロ

Boutique Hotelならぬ ブティック・オフイスと言う言葉を聞いて調べるとポドモロ・シティのAPL TOWERだと言う。APLなら以前ブログにした国際運輸の雄 American President Lineだと思いそれだとその本社はスネンにあるのに又出世したのかと思って更に調べるとこれはAgung Podomoro Landで不動産大手であった。
ポドモロの不動産はジャカルタのアチコチにあり、最近はその名前にXX CityとかCityがつく。
00podomoro


ここのAPL TOWERのある所はポドモロの本拠でもある所で将にPodomoro Cityと言うのが住所ともなるが、ここにはこのオフイスTOWERや後ろに見える数々のレジデンス、ホテルプルマン、セントラル・パークのモールなどで面積21haの市を形成している。 他にCityを冠したこのグループの複合モールはSenayan City, Keningan City、Thamrin City、Season Cityなどがある。日本人に馴染みがあるところはBlok-M Square、Pakbuono Residense,等もあり、メダン、バンドンなども含め70ケ所に登る不動産を運営している。Podomoroグループは父親のAnton Harimanが1969年にSimprukやSunterで始めたが現在のトップTrihatma Kusuma Halimanが1986年に受け継ぎ急成長した。彼は2014年で資産5億ドルでインドネシアRichest 50に入っている62歳である。
冒頭のBoutique Officeとはバーチャル・サービスオフイスで会議室や秘書業務も用意された国際的企業向けだとしているので、グループがやっているのだろう。

|

« Halte: ファタヒラー博物館 | トップページ | ジャカルタとバタビアの行政区分 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Halte: ファタヒラー博物館 | トップページ | ジャカルタとバタビアの行政区分 »