« Gedong Panjang通り | トップページ | インドネシア6月度発出法令サマリー »

2016年7月25日 (月)

Ekor KuningはYellow Tail魚 ?

00jun07_sundakelap_kota_013_3

カリブサール・バラットからスンダクラパ方面に出てくる道には二つあるがタワーSyahbandarから向こう側の橋に出てくるほうがJalan Ekor Kuningである。1619年前はジャヤカルタの砦があったところで1635年には北はLepelstraatに南はJonkersstraatに接していたとかの説明はある。昔、ここを通ったことがあるのでアルバムを開いたが何もない。 写真が行方不明になったのではなく実際写真を撮るObjectがなかったことだけは思い出した。
Ekor kuningとはYellow tailの意味で佐々木教授のインドネシア語の中庭ではスズキ目タカサゴ科タカサゴ属の「ユメウメイロ」と書かれているが、小生には初めてだ。それで思い出したのはクバヨランのレストランYellow Finである。正しくはYellow Fin TunaでTunaの一種でキハダである、似たような名前にBlack FinとかBlue FinとかあるがTunaは、スズキ目サバ科マグロ属でカツオSkipjackを含む。Ekor kuningとはスズキ目だけが合致するだけで、英語のYellow Tailとしてもイメージわ沸かない。Yellow Tail は豪州の有名なワインのブランドの方が有名だ。さらにYellow Fishとなるとまさに黄色い熱帯魚になる。

window10 test
Jun07_sundakelap_kota_014

クリックで拡大できる
Ketapan_luar_batan_jatinegara_055

|

« Gedong Panjang通り | トップページ | インドネシア6月度発出法令サマリー »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gedong Panjang通り | トップページ | インドネシア6月度発出法令サマリー »