« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の投稿

2016年7月29日 (金)

移転価格税制と税務調査

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 7月号の目次は、「移転価格税制と税務調査対応」のシリーズが始まる。
この月刊誌は会計、税務,、貿易、金融、産業、経済、企業 政治等のインドネシアで経営する企業が関わる全ての分野の重要法令など満載している。
月刊誌の購読の他、毎週法令ニュースなどをE-mailでお届けするサービスもあるので、是非ご連絡ください。 他に会社運営に必要な会計記帳・経理指導、税務計算申告代行、投資関連許認可・変更事項の法務セクレタリ-なども個別フイーにて提供しております。どうぞご利用ください。
詳しくはウエブサイトwww.indonesialink.net/indomalco/或いはメールアドレスrisa@indomalco.com
又は 'kitamura@indomalco.com、 nishimi@indomalco.comに照会下さい。 

1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 6 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 8
  3 ) インドネシアの 「会計原則 205~超インフレ経済下の財務報告 1」 3 14
  4 ) インドネシアの 2016年非課税所得の引き上げ 1 17
  5 ) インドネシアの 最低賃金の決定における適正生活水準の使用 2 18
  6 ) インドネシアの 国家工業情報システム 2 20
  7 ) インドネシアの 従業員給与の会社負担所得税のグロスアップ 4 22
  8 ) インドネシアの 労働訓練機関の登録と許可 2 26
  9 ) インドネシアの 今後10年間の電力開発計画 その1 4 28
  10 ) インドネシアの タックスホリディ アップデート  7 32
  11 ) インドネシアの 加工食品のラベル・広告における強調表示 5 39
  12 ) インドネシアの 携帯電話/コンピュータ、タブレットの輸入規制改正 4 44
  13 ) インドネシアの 移転価格税制と税務調査対応 その1  2 48
  14 ) インドネシアの 加工食品の登録  4 50
  15 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 1 54
   
2. 今月の政治・経済情報      
  1 ) 2016年6月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 55
  2 ) 2016年7月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 2 57
  3 ) 物価・貿易2016年7月発表 メール配信 1 59
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 「明日の街角127~今年の盂蘭盆の日に」  橋本政彦 3 60
  2 ) 「法務人権省法規総局と国家法制改革庁」 広沢 勉 2 63
  3 ) 「コタ・トゥア ジャカルタの観光資源」 西見恭平 5 65
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2015-2016トレンド メール配信 2 70
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 72
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 73
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
Cover_foto_indomalco_july_2016tr
表紙写真:バンカ島の西端、スマトラ島のパレンバンを臨むタンジュンカリアンの海岸に立つ灯台。オランダ植民地時代の1862年の建設とされているが、英国様式の建築とも言われる。高さ約65メートルの16階建て。海岸には、1942年に豪州人看護師らを乗せた貨物船SSVynerBrooke号がシンガポールを出発後、バンカ島沖で日本の攻撃に遭い沈没、この時の被害者を記念する碑や、オランダと日本との戦いで残されたとされる難破船が残っている。

発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 5A Floor, Jl.Jend.Sudirman No.47, Jakarta 12930, Indonesia
TEL: (+62-21) 570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
Handphone:0816-726585, E-Mai:risa@indomalco.com, 筆責:北村、兼松、西見
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/

| | コメント (0)

2016年7月28日 (木)

日本人とアムネスティ

ここ何年か税収に苦しむインドネシアが昨年春から登場していたアムネスティ法がやっと発布された。アムネスティなどといっても日本人にはわからないだろう。日本人には鎌倉時代の徳政令と同じものかと感違うが、これは低率の税率2%程度で課税逃れの秘匿資産を無罪放免するもので政府の債権放棄の意味があるが 徳政令は御家人等に対する商人の債権を帳消しにするもので政府たる幕府は関係なくアムネスティとは非なるものである。
何らかの理由で隠れた資産になったものを、堂々とした表の資産にして稼ぐほうが得でもあるし、政府も税収が上がるのでいわゆる三方得である。税収はこの低率の一回限りの税収だけでなくその後、表になった資産が稼ぐ所得の対する課税が大きい。
だから法律の前文では“増え続ける税収の需要を充たすには既にある源泉と潜在を最大にするために国民の覚醒と忠実が必要であること。国家歳入の増加と経済の成長及び国民の納税義務の遵守のためには税のアムネスティ政策が必要である”と謳われている。このアムネステイはインドネシアには伝家の宝刀となっているが、この前は2008年で、当時はなぜかSunset法と言われていた。
そして愈々日本人にわからなくしている点は、こうした隠した課税逃れ資産がインドネシアでは国民総生産と同額程度もあるということである。単純な小生は日本にはないものと思い込んでいるがどうなんだろうか。

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

元Djakrta Lloyd

00djakarta_lloyd_099
カフェ・バタヴィアの裏手の幽霊建物の左壁面には昔Djakarta Lloydが保有していた形跡の社名が残っていた。Djakarta Lloydと言えば昔サリパシの裏手にビルを保有していたがこれも今はなく、そしてビジネスで名前を聞くこともない会社になっている。1950年軍関係で設立され、一応はコンテナー船14隻を保有した国営海運会社である。長くぐずぐずしているうちに従業員800名も1/10に減り船も古くなっていることだろう。 最近は債権者に対して議決権なしの株式に転換する手続きをやっているようだ。国営企業の中でも利益を上げている大企業も多いのでリスケ計画も容易であろうと思われるのだが。。以上推定以外書くことはない。

上が2008年、下が2014年、下の方が拡大できるはず。test中 window10


Djakarta_lloyd_2014tr1


| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

インドネシア6月度発出法令サマリー

6月度法令アップデートと称しているがこれがインドマルコ社ホーム頁にアップされている。(www.indonesialink.net/indomalco/)
7月から実施される諸施策がいくつもある。
1. 個人所得税非課税所得の引き上げ 昨年と全く同じで連続50%アップである。インドネシア個人の喜びの声も    一入だろうと思うが、そのような声は聞こえない。 会社が負担していることが殆どだから雇用主が喜ぶことに
    なる。
2. 電子税額票の全国的実施:これも素晴らしいことのように見えるが、がんじがらめの税額票行政の中では税務
   当局のみが喜んでいる。
3. 所得税等の電子納税の全国的実施:これも当局のビリングシステムから15桁コードを頂いてやるので、その分
   の手続きが余分である。まだまだインターネットバンキングの中で行えるのは限定されようから納税者の手間は   増えこそすれあまり変わらない。
4.  アムネスティ法案は発行が7月にずれ込んだが、そのような財産がある人には朗報かもしれない。

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

Ekor KuningはYellow Tail魚 ?

00jun07_sundakelap_kota_013_3

カリブサール・バラットからスンダクラパ方面に出てくる道には二つあるがタワーSyahbandarから向こう側の橋に出てくるほうがJalan Ekor Kuningである。1619年前はジャヤカルタの砦があったところで1635年には北はLepelstraatに南はJonkersstraatに接していたとかの説明はある。昔、ここを通ったことがあるのでアルバムを開いたが何もない。 写真が行方不明になったのではなく実際写真を撮るObjectがなかったことだけは思い出した。
Ekor kuningとはYellow tailの意味で佐々木教授のインドネシア語の中庭ではスズキ目タカサゴ科タカサゴ属の「ユメウメイロ」と書かれているが、小生には初めてだ。それで思い出したのはクバヨランのレストランYellow Finである。正しくはYellow Fin TunaでTunaの一種でキハダである、似たような名前にBlack FinとかBlue FinとかあるがTunaは、スズキ目サバ科マグロ属でカツオSkipjackを含む。Ekor kuningとはスズキ目だけが合致するだけで、英語のYellow Tailとしてもイメージわ沸かない。Yellow Tail は豪州の有名なワインのブランドの方が有名だ。さらにYellow Fishとなるとまさに黄色い熱帯魚になる。

window10 test
Jun07_sundakelap_kota_014

クリックで拡大できる
Ketapan_luar_batan_jatinegara_055

| | コメント (0)

2016年7月22日 (金)

Gedong Panjang通り

00apr2016_13


古いバタヴィアの地図を眺めていてまたGedong Panjangの地名と出会った。この地図は1855年の地図でカリブサールの東の地区で2ブロックの名前である。この地図はバタビア ウォールシティの西壁にそってKrukut河の支流が流れているが北端のゲートGroningenからUtrecht迄の壁に沿った西側の区域で現在の地図を見るとそれは北のMuara BaruからBandengan迄の道路名となって残っている。この1855年の地図のこのブロックには何も建物などの記載はなく、現代においても、よく通る道であるが 何もカメラオブジェクトはない。00dsc07806


辛うじて反対の東側に古い倉庫があり、更に東のカリブサールバラットに寄るとそこのカカップ通りに中華レストランが昔の長い倉庫を使って今も営業そしているのでそのことかも知れない。 こうして色々調べるのに2時間も費やしたが、これについてなつい1ケ月前にも東の穀物倉庫に関連してブログしていることを思い出し、またこのGedon Panjangを横切る湾岸高速にはその名前の出入り口もありそれも写真に撮っていたことも知ったがもう時間は戻ってこない

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

日イ比較

日本が若干停滞し、インドネシアが勃興したこの2~3デケードをインドネシアで付き合って来たが、長い年月では時に整理しないと認識にズレが起こるようだ。先進国の待ちの姿勢の中での動きであろうから比較に意味があるのではなく、比較しながら振り返り今を把握する事で了解願いたい。昔日本人とインドネシア人の給与でもインドネシアは日本の1/100と言っていた気がする。振り返ると仮定で給与を5,000ドルとしてもボーナスで100%アップ、住居自動車だけ100%アップで 15,000 ドルになってこの上に税金35%としてこれをグロスアップすると1/65 =54%アップで23,000ドルとなる。当時例えば2000年の最低賃金をとってもRp286,000 であるので日本と比較すると成程1/100(1%)である。これは日本が上り調子だったので給与も大企業ベースをとっているが最近はどうかという時は多くの日本人が単独でインドネシアにやってくるので待遇も落ちてくる。それと比較すると 多分20%、つまり日本人1人に対し、インドネシア人は昔100人、今5人分に相当する。それはGDPの比率に相当する。日本が4兆ドル、インドネシアが0.85兆で丁度20%である。
その他日本の20%規模となる数値は輸出額 25%、自動車販売20%がある。
後は10%の数値が多い、例えば一人あたりGDP、外貨準備、対外債務である。

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

吊橋の名前はチキン・マーケット

000_kali_besar_baratmarket


バナナマーケットが気になったのはRachの絵にカリブサール バラット北端にマーケットがありそれを描いていたものがあり、そのことではないかと自信がなかったからである。画集を開いて見たのであるが、絵は1775年で吊橋の方から南を向いて描いている。両サイドにはタマリンドの立派な並木があるが今はない。右側の建物の並びにはフェンスに囲まれており、ここに家禽類が飼育されていた。男がドアを開けると、がちょうが飛び出している。タマリンドの根元には農婦たちが座り込んで何か売っている。魚や鶏をぶら下げた人々や諸々、虫眼鏡で見ると楽しいものだ。00dsc_0109


それでここの吊り橋の名前はHoenderpasarという名前であったそうだ。Hoenderと言うのはpourtry家禽である。

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

バタビアの古い運河とバナナマーケット

前回のRotterdam LLyodの横がVleuten Coであったビルでそのブログでここの北が昔バナナマーケットであったと書いたが気になって調べてみた。この当たりはカリブサールチムールの最北端の一角で今世の中に紹介する記事がないからである。00dsc_0106


コタ・インタンの吊橋を渡って東側に来ると現在はNelayan Timurと言う名前であるがその袂に大きめのバスターミナルがあるところである。それこそ大昔1619年頃クーン総督がこの地を獲得した直ぐ、現在のカリブサール(チリウン河)から水を引いて最初の人口運河を作ったようでその名前はOudekerkgracht(旧教会運河)であった。その南(現在のワヤン博物館)に教会があったからでその後相次いでKerkgracht、Groenemarktsgracht, Groenegracht と名前を変えて20世紀になる前に埋められGroenestraatとなった様で、その場所は吊橋の少し南のターミナル辺りからJalan Cengkeh (昔Prinsenstraat)に向かうKali Besar Timur Iの辺りだとしている。或いは上記Nelayan TimurにもOudemarkgrachtという運河が走っている。
このOldmarketとGreenMarketの間の土地が謂わばバナナマーケットであろう。この地を訪れた?キャプテン・クックもその名前を触れた記録があるそうだ。
00may_09_batavia_051


不思議な事に現代の地図でもこのバナナマーケットの地名を発見したがそれはCengkeh通りの更に東側であった。
Cengkeh通りからKB TimurIIIをつき切って南を見るとジャカルタ歴史博物館が正面に見える。

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

ジャカルタとバタビアの行政区分

今のジャカルタは州と同格或いはひとつ上の首都として、その下は5つの区(+1つの県、県市のレベル)、その下に郡と町村が整然と区画割されて自治体を編成している。このジャカルタがバタヴィアと称した時代の20世紀前半を比較すると以下のようである。
Presidency             Gouverneur Generaal   総督
Propinsi 州            Provinsie/Residentie
   長はGubernur           Gouverneur 知事 Resident理事官
Kabupaten/Kota Madja 県市 Afdeeling県
   長はBupati・Wali Kota       Bupati
                       Burgemeester市長Wethouders助役
                       その他局長Derecteur
Kecamatan 郡            Distrik  Kawedanan?
   長はCamat            Werdana
Kerulahan 町村           Onderdistrik  その下にwijkやKampung
   長はLurah            
バタヴィアの名前は1621年クーン総督がバンタンに勝利し勝ち取ったjayakarutaを新ホールンと名付けたかったが、本社重役会が既に名づけていた名前になり、古い地図でも長い間Stad Bataviaであった。 20世紀になって本国のGemeente制度を取り入れ1905年Gemeente Bataviaとなったがその下のDistrikはBataviaとWeltefredenの2つに分かれていたようだ。その後1935年に今のJatinegara(当時はMeester Cornelis)を合併しStad Gemeente Bataviaとなった。Bataviaと言う言葉が幾度と出て一定の地域を示す地名ではないので、範囲が漠然とする。
ある文献でBataviaの北の区域はOud Batavia、Penjaringan、Glodokplein、Molenvliet、 Tanjung PriokなどがありOud Bataviaとはバタヴィアのなかの北の一地域を示している。懐かしのバタヴィアではないのである。 中部地区にはWeltevreden、Koningsplein、Menten、Tanah Abang、Kramatplein、Senenなどが同列で記載されていた。

| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

ブティック・APL・ポドモロ

Boutique Hotelならぬ ブティック・オフイスと言う言葉を聞いて調べるとポドモロ・シティのAPL TOWERだと言う。APLなら以前ブログにした国際運輸の雄 American President Lineだと思いそれだとその本社はスネンにあるのに又出世したのかと思って更に調べるとこれはAgung Podomoro Landで不動産大手であった。
ポドモロの不動産はジャカルタのアチコチにあり、最近はその名前にXX CityとかCityがつく。
00podomoro


ここのAPL TOWERのある所はポドモロの本拠でもある所で将にPodomoro Cityと言うのが住所ともなるが、ここにはこのオフイスTOWERや後ろに見える数々のレジデンス、ホテルプルマン、セントラル・パークのモールなどで面積21haの市を形成している。 他にCityを冠したこのグループの複合モールはSenayan City, Keningan City、Thamrin City、Season Cityなどがある。日本人に馴染みがあるところはBlok-M Square、Pakbuono Residense,等もあり、メダン、バンドンなども含め70ケ所に登る不動産を運営している。Podomoroグループは父親のAnton Harimanが1969年にSimprukやSunterで始めたが現在のトップTrihatma Kusuma Halimanが1986年に受け継ぎ急成長した。彼は2014年で資産5億ドルでインドネシアRichest 50に入っている62歳である。
冒頭のBoutique Officeとはバーチャル・サービスオフイスで会議室や秘書業務も用意された国際的企業向けだとしているので、グループがやっているのだろう。

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

Halte: ファタヒラー博物館

ジャカルタ コタトゥアの活性化を図る会社(JOTRC)が既に再建したコタトゥアの古いビルは5つあるそうだが、その中でどうしても分からない場所が一つあった。それはex. Galeri Jeansとなっていたが、何日も調べる内にどうもGaleri Pasar Kota Tuaではないかと推定した。00pasar_kota_tua


マイアルバムからその看板の店を発見したが2014年8月撮ったものである。そしてStreetviewを回してみたがこちらもまだ改装前である。この写真はよく見るとここは先日ブログしたVleutenの写真と同一の場所であることが解った。00ex_galeri_pasar_kota_tua


実際は手前の大きな建物であるがその建物が昔はRotterdam Lloyd.のビルであったようだ。その側面の歴史博物館に向かって右側にこの店はあった事になる。正面にはクニール通りにバスウエイーのファタヒラー博物館と言う停留所がある。このバスウエーはプルイットからパキン(スンダクラパ)、そして例の東倉庫を通ってくる右回り環状線でカリブサールからプルイットに戻っていくようだが使い勝手は悪そうだ。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

最近のMNC

HaryさんというかTonoeさんと言うのかSoedibioさんと言うのかその名前を聞いたのはスハルト家族とその取り巻きが没落していく中で身代わり的にデビューしてきた時である。そして2006年ごろはビジネス界の時の人ともてはやされた。今は世界のビリオネア(インドネシア9位)に上り詰めている。00mnc_kebon


バンバン氏のビマンタラを引き継いでいたが、バンバン氏の姉が初めたインドネシアの最初の教育テレビであったTPIも2003年に手を入れ、トゥトゥット姉との所有権いざこざで最高裁の裁判までいった後2010年にMNC TVと名前を変えた。ビマンタラからの流れのRCTI及び Global TV或いはNewsTVと共に最大のTVグループを形成している。MNCはMedia Nusantara Citraで2003年に設立されたが前身はBhakti Investamaと言う名前の投資会社であった。
彼は1965年スラバヤ生まれの華人である。カナダCarleton Univ卒後1,989年ersity, Ottawa Univ.よりMasterを得ている。1989年スラバヤで投資会社を起こしたが翌年ジャカルタに移動、時に政府の資本市場育成政策にのり、証券取引、引受、金融・調査コンサル、IPO・M&A/リストラ、投資信託と幅広い活動の中で巨大化していったもので現在はグループ会社は50社を数える。
主要会社を見ると、メディア部門: MT. Media Nusantara Citra、PT Global Mediacom Tbk 、RCTI、 PT MNC Sky Vision Tbk、証券: PT MNC Kapital Indonesia Tbk、 PT MNC Securities運輸: PT Global Transport Services不動産: PT MNC Land Tbkエネルギー部門: MNC Energi、そしてJKT48をやると思えば、政治活動でも前回の宣教では副大統領候補としてWirantoと組んだ。
最近ではボゴール郊外のリドで中国企業との3,000haのテーマパーク、スマートシティ、トランプとのホテル・ゴルフ場の計画が動き出し又MN C Capitalは既に銀行一つを買収しさらなる買収を目論んでいる。

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

東京観光バスとバスタ

ジャカルタの無料観光バスに比べ東京の観光バスは市営ではなく私営であるので有料である。有料でも成り立つニーズと魅力があるからであろう。ここが根本でありジャカルタがうまくいかないとすればそれが理由である。東京の観光バスは昔からはとバスが有名で東京駅丸の内南口にセンターがある他、2建てオープンのスカイバスが同じ丸の内の三菱ビルからもでている。00basta


昔新宿から出発の長距離(観光)バスを利用した覚えがあるが、こちらは今年から新宿バスタに集約されたが先日新宿南口のサザンテラスタワーに行くことがあり、南口を出ると目の前にこのバスタがあったのでちょっと見に行った。昼だったからなのか閑散としていた。ここには118社バス会社が利用しており1日1625便のバスが発着するようで行く先は南なら福岡から、北は青森まで全国をくまなくある。利用者が集まり待機しているバスもあるはずだがまだ本格的になってないのだろうか 00_progebamg_aug14_4


ジャカルタのターミナルTerminal Bus Terpadu Pulogebangと比較してもここは小さいと思う。 プロゲバンは少し郊外だから14haもあり、直接高速から乗り降りできる。新宿バスタは1.47haであるが、A5c5c29a


ここは線路上の人工地盤であることを知り、なるほどと思ったものだ。新宿に到着した時、東口の階には南口がなく駅員に聞いてそこから2回もエスカレーターで上がってきた怪がこの建設時の写真(Findtravelより借用)で納得できた。

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

6月 インドネシア投資環境トピックス

イ国見直し 明るさも
6/16 ジャワ北岸高速道、ジャカルタから270km接続。翌日はスマラン向け延長起工式
6/16 首都空港新第3ターミナルの開業、イスラム断食明け大祭後に。
6/18 BRI、ギアナから衛星打ち上げ、銀行では世界初。離島や遠隔地でのATM稼働が可能
6/30 メドコ、ニューモント株買収26億ドル、保有比率82.2%に。
6/13 投資阻害している3,143条例を廃止したとジョコウィ。
6/17 3in1に代わる首都渋滞対策:奇数・偶数ナンバーの交代通行へ、7/20~試験
6/11 昨年10月時点の在留邦人18,463人、3.2%増で過去最高記録を更新。

まだ続く中国プロジェクトには距離も
6/9  中国交通建設、西ジャカルタで、1.5万戸のアパート建設、投資10億ドル。
6/24 MNCのリド・リゾート開発:中国と。3千ha投資5億ドル、今年Q4着工予定。
6/23 ジョコウィが初めて南シナ海訪問、先に軍艦上で閣議、中国けん制。

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

ジャカルタ・シティツアーのバス

ジャカルタ新聞にジャカルタの中心部を巡回する2階建ての無料観光バス「シティー・ツアーバス」の事が出ていた。5月から一新され、「ショッピング」「グルメ」「ジャカルタの歴史」の三つのテーマ別ルートが誕生したそうである。
Cymera_20140220_231452


調べると市内観光バスに付いてのネットには古い話もでてくるので現在を推定しながら書いてみる。
2月頃インドネシアの富豪Tahir市がジャカルタ市に2階建て観光バス5台を寄付したがアホック知事は早速市のトランスジャカルタに観光バスとして運行させそれが5月から一新されたものではないだろうか この3つのルートは可成りダブっており歴史ツアーが北のファタヒラー歴史博物館まで行くの除くと残りの2つはタムリン通り、ジュアンダ通り、後モナスを回る共通停留所があるので、途中で時間が合えば乗り換えもできると思われる。それにショッピングもグルメも一度降りて買い物・食事をしても後からくるバスに乗れるしどこからでも乗って戻って来れるものと推定する。そうしないと利用する意味がないからである。この5台で13台になったようだが他のニュースでは今年20台増やすとか、スナヤン方面に行くものもある。いずれにしてもこの3ルートだけでは寂し過ぎる観光バスである。そしてバス停は独自に持つがバスウエーの道路は使うのだと思う。使わなければ厳重侵入を防ぐ迄して優先するバスウエーがもったいないし、渋滞観光ではこれ又利用できないはずだからである。
東京では公ではなく企業が豊かな発想で多くの観光バスを提供している。
写真はtravelawan から。

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

NieuhofとRachとワヤン博物館

Nieuhofの絵はかってマイブログでも紹介している。「ワヤン博物館をめぐる歴史」で、ここにオランダの最初の公式教会Salibkerk(十字教会)があり、それを描いたのがこれである。
4_batavia_kruiskerk
ここにも多くの人が描かれている。8年の期間を経て1640年に完成したものである。
100年後建て替えが行われDe Nieuwe Hollandsche Kerk新オランダ教会となったがその時の教会を描いたのが Rachである。


Townhallneuekirk
この絵の正面は現在の歴史博物館であるが右側の少し幅のある教会である。ワヤン博物館はクーンの他イムホフなど有名な総督5人ほどが埋葬されている事は余り知られていない。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »