« バタビアの古い運河とバナナマーケット | トップページ | 日イ比較 »

2016年7月19日 (火)

吊橋の名前はチキン・マーケット

000_kali_besar_baratmarket


バナナマーケットが気になったのはRachの絵にカリブサール バラット北端にマーケットがありそれを描いていたものがあり、そのことではないかと自信がなかったからである。画集を開いて見たのであるが、絵は1775年で吊橋の方から南を向いて描いている。両サイドにはタマリンドの立派な並木があるが今はない。右側の建物の並びにはフェンスに囲まれており、ここに家禽類が飼育されていた。男がドアを開けると、がちょうが飛び出している。タマリンドの根元には農婦たちが座り込んで何か売っている。魚や鶏をぶら下げた人々や諸々、虫眼鏡で見ると楽しいものだ。00dsc_0109


それでここの吊り橋の名前はHoenderpasarという名前であったそうだ。Hoenderと言うのはpourtry家禽である。

|

« バタビアの古い運河とバナナマーケット | トップページ | 日イ比較 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バタビアの古い運河とバナナマーケット | トップページ | 日イ比較 »